新着Pick
197Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「料理人にもビジネスセンスが必要」という一言をみてピカソを思い出しました。プロダクト開発も同じです。
どんなに美味しくても、どんなにいいプロダクトでも、誰かに買ってもらわなければ続かないのです。ビジネスセンス、というと"儲ける"というイメージがあるみたいですが、"必要な儲け"は必要なのです。

シリコンバレーのユニコーン企業では、プロダクトマネージャーにはMBA持っていてエンジニアリングもわかる人が求められます。確かに数は少ないですが、要はそういうスキルがまとめらている、という事です。

それにしてもチェーン店出身のスターシェフが増えつつある、というこの記事はとても面白かったです。ロジやマニュアルはもちろん、ビジネスモデルが安定しているが故の人と人との関係性や、文化からも学べることはありますね。
標準化されたオペレーションから学ぶことってたくさんありますよね。

学生時代にセブンイレブンでバイトした経験がいろんなところで活きていると自分でも思います。

できるだけ効率的にやりたい要素と、個性を出して差別化していく要素の組み合わせが大事で、すべてゼロから自分で作るのは時間がかかりますからね。
料理人の方々からは、どう思われるかわかりませんが、下記は、すばらしい言葉だと思います。

(記事中から引用)
「責任を持って仕事をしているのに、売り上げが立っていないというのは矛盾しているでしょう。結局のところ、私たちはビジネスとして料理をしているのですから」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
地味に面白い記事