新着Pick
23Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは恐らく2016年5月4日付けNHTSAのコンセントオーダーに基づいた措置であろう。2018年12月までに全ての乾燥剤無しPSAN(硝酸アンモニウム)を用いた車両を、グアニジン酸、乾燥剤付きPSAN、乾燥剤無しPSANの3つで緊急的にリコール交換を実施。乾燥剤無しPSANは過渡的措置であり、その交換用インフレータは2019年末をめどに再交換するというのが当時の決定要因。ホンダをはじめ国内メーカーは費用を引き当て済みのはずだ。

今後の注目は乾燥剤付きPSANへの措置であり、安全性が確認できない場合、NHTSAは2020年までにその全量をリコールすることができる。推定1億8,800万個が装着されていると考えられる。

これに関しては、リスクを認識するものの、フランフォーファー調査結果は現段階で「白」であり、過激なリコールというよりは、穏やかにこの世から取り除いていくというのが今時点でのメインシナリオである。油断は禁物だが。
(しかし、ロイターさんはこのニュースを繰り返していますね)
終わりが見えないタカタのエアバッグ問題。一時的な対策品も、リコールとのこと。さらに乾燥剤が本当に効果があるかどうか、疑わしいなら、さらにリコール。結局、硝酸アンモニウムを使ったプロペラントはすべてアウトということになりそうだ。そもそも化学薬品(火薬)に賞味期限がないわけではない。しかし、エアバッグで命を守ったケースも少なくない。
そもそも、仕様を満たすエアバッグを作る力があったのか、以前から疑問に思っています。理由は過去記事にコメントしています。安全に関わるリコールなだけに、本件は心配しています。

過去記事
https://newspicks.com/news/2366413/
タカタ株式会社(Takata Corporation)は、エアバッグ・シートベルト・チャイルドシートなど、自動車用安全部品を製造する企業。2017年6月経営破綻した。負債総額はおよそ1.7兆円。製造業としては戦後最悪となる。 ウィキペディア

業績