新着Pick
1013Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2020年の第一弾、これまで「秘密」に包まれてきた知られざる日本人スタートアップを紹介します。

これは単なる「イチゴ」の話ではなく、あまりに多くの示唆を含んでいます。日本で朽ちかけた最先端のテクノロジー、コモディティ化への答え、日本人スタートアップがいかにして世界で輝くのか、そして世界で今後噴出する食と農問題への確信的なアプローチ。

ぜひ、古賀さんの世界での戦いをお読みいただければ幸いです。2020年も何卒、よろしくお願いします。
【やっぱり日本は食で世界を獲りに行こう!】

世界のGDPに占める「食」のポーションは1000兆円。
これを、仮に「食のGSP(Gross Segmental Product)」
と呼ぶことにしよう。

これは、日本の全産業合計のおよそ2倍に相当するサイズ感だ。

つまり、食に関するビジネスはデカイ受け皿だということ。

その中で、日本は「食材」においても「調理」においても、
「盛り付け」においても、圧倒的な強さを持っている。

先頃、発表されたLALISTEの「世界レストランランキング」で、日本勢が同率NO.1の4店のうちの2店 (SUGALABOと龍吟Ryugin )を占め、世界のトップ1000のうち最多を日本勢(日本料理に限らず、フレンチや中華などを含め日本にあるレストランの全てを指す)がおさえた事実からもそれはわかる。

https://www.laliste.com/ja/laliste/world


私自身、かつてのフランス料理でオーギュスト・エスコフィエが行ったように、日本の「料理」を、技術的に体系化し、分解し、再現可能な言語化を図る先に、「世界の食をバージョンアップして、ビジネスとして獲りにいく」新たな可能性があると言ってきた一人。
そのために東大にGUSTOとよばれる研究ユニットを作ることにも関わって来た。その際、エスコフィエのような「大典」を編纂するのではなく、AIに搭載可能なデジタルデータとして言語データを集積することを、進めはじめている。

http://www.onozukat.e.u-tokyo.ac.jp/gustojc/index.html

Oishii の取り組みは、私のプランでは「外部要因」、言い換えれば「与件」として考えてこなかった「食材」の作り方を近未来技術で根本から変えていくものとしてめちゃくちゃ面白いと思う。一緒に組めそうな気がしてわくわくする。
日本は食で世界を獲りに行かないと、と改めて思った。
記事から落ち着いた語り口が伝わってきてとても面白く読みました。日米の差異やターゲティング、気候変動への意識に加え、圧倒的なクオリティへの自信が成功させたのではと感じます。

「アメリカは農業大国にもかかわらず、イチゴに限らず、着いたその日から、だいたいのものが本当にまずいという単純な気づきがありました。」

これ、本当なんですよね(笑)この味気のなさは私の近所のスーパーが悪いのか?と思うこともありましたが、アメリカ人を日本につれてくると、大抵はまず果物の値段に驚き、そして甘さに驚くので、どうやら本当らしい。

NYは世間が狭くて、高級レストランに来るようなお客さんたちは皆どこかで繋がってたりするので、一度界隈に火がつけば早いのでは?と思います。アメリカ人から現地で日本の果物のお話を持ちかけられる時が来るのが楽しみです。
あけましておめでとうございます。

2020年一発目のNP記事がまさかの古賀大貴の記事で驚かされた。
彼と私は同級生で、大学3年生の就職活動で知り合い、お互いライバル視していた存在である。2017年に約7年ぶりに連絡が来た。
「世界を変える準備が整った。」と。

日本発のユニコーンとして必ず世界を変ゆく仲間の1人だ。

記事後半にあるレストランにイチゴを持ってアポ無し飛び込み営業をやっていた頃の話を、いまこのように記事となって記載されるとカッコいい武勇伝ではあるが、当時それをリアルタイムで聞いていた頃は、相当な覚悟がなければ絶対に心折れてしまうほどのハードさだったと聞いている。

とにかく、彼は必ず世界を変える。
日本だけじゃなくて、世界の農業は彼の手にかかっていると私は確信している。
一次産業は、自動車産業に負けない、日本の誇るべき産業だと思っています。
今は、衰退傾向にあるため、産業として下に見られることが多いですが、これからの可能性は十分にあると思います。
そのためにも改革すべきところは多々ありますが、「Oishii」のような企業が出てくるだけで、少しずつ変わって来ると思います!!
心から応援しています。

〉食の領域で「やっぱり日本の食べ物が一番だよね」
日本人の美食に対する貪欲さが、品種や品質の多様性とレベルアップを進めてきたのだと思いますが
そのエネルギーの源泉はどこにあるんでしょうね?
そして農家の「儲からなけけど手は抜かない」という非合理的プライドがそれを支えているのだと思います。
一方で、海外のオーガニック志向やGAPなど、なんか未だに食においても西欧に劣等感を感じながらやっているところもありで
いろいろ不思議です。
世界の農業や食の現場を見にいきたいですね。
面白いですね。イチゴやマスカットは、見た目も綺麗ですし、ブランド化しやすいですもんね。今後が楽しみです
日本ではなくアメリカ市場の選択、植物工場のトレンドの見極め、レタスではなくイチゴ、ステルスモードでの展開。
これでもか、というぐらい、市場のフォーカス、参入戦略が緻密に練られている。
Oishiiというネーミングにも、日本人としての気概を感じる。
是非今後、更なる大きなムーブメントを巻き起こして欲しい。
日本の「Oishii」を世界に。その企業理念がすばらしい。他社の模倣ではなく、独自の強みを最大限に活かす商品と手段をしっかりと見極めている。
「アメリカは農業大国にもかかわらず、イチゴに限らず、着いたその日から、だいたいのものが本当にまずい」

良くも悪くも過度な品質改良をしない、野性味あふれる味を大切にしているのだと思っていました。そもそも、アップルパイは日本の甘いりんごだと美味しくならない。
この連載について
いま世界が知るべき、新しい日本人の「顔」は誰なのか。2020年の東京五輪で注目される「TOKYO」を中心に、新しいムーブメントを生み出す起業家、アーティスト、アスリートらを紹介する。

業績

いちご株式会社(英語: Ichigo Inc.)は、J-REITの運用を始めとした総合不動産サービス事業と、メガソーラー等のクリーンエネルギー事業を展開している企業。 ウィキペディア
時価総額
1,501 億円

業績