新着Pick
94Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
素材ごとによって3Dプリンタは色々ある。
建築物は鉄筋コンクリートを使うことが多いが、鉄筋が引っ張りへの強さの源泉。3Dプリンタで建設を行う場合には鉄筋が入っていない。そこで下記のような構造になる。
試験などが通っても、当面は意匠を追求するための方法だったり、何らかの理由で型枠を設置できないところで利用するような形にとどまるのではないかと思っている。

『セメント系材料を構造物に使うには引っ張り力の負担が課題。そこで大林組は3Dプリンター用特殊モルタルで外形を製造した構造物の内部に、引っ張り強度が高い自社開発の超高強度繊維補強コンクリート「スリムクリート」を流し込む複合構造を開発した。』
この写真の造形物は寝かせて作っておいて組み立てているんだそうです。一発で造形することにこだわらない方が良いと思います。トータルに考えて、今までにない造形物ができるようになることが大事。
メディアアートだねー
株式会社大林組(おおばやしぐみ)は、1892年(明治25年)創業の大手総合建設会社。 ウィキペディア
時価総額
6,580 億円

業績