新着Pick
759Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NewsPicks トップページに、記事掲載いただきます!英語で何度もクビになりかけた挫折の人生でした。

新卒で入社した外資系コンサルティング会社・アクセンチュアでは、英語力を評価され、2度の海外赴任と、グローバルプロジェクトをいくつもマネージしてきました。

しかし、マイクロソフト シンガポールに転職した途端、「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」と英語が原因で、地蔵のように何も話せなくなった時期があります。

その後再び転職した、デロイトコンサルティング東南アジアでは、1年2ヵ月の間、売上をあげれずに、自立神経失調症になり、人生終わったと思いました。

しかしふと「私は英語のハンディのせいで、こんな窮地に陥っている。同僚たちも非ネイティブなのに、どうして彼らはうまくやれるのか?」と疑問に感じたことから、売り上げを上げている非ネイティブたちを観察する様になりました。

観察するうち、デキる非ネイティブには、ビジネス英語での「絶対ルール」があることに気がついたのです。

日本人が知らないことで、グローバルビジネスで損をしている事は多々あります。日本人はもっと世界で戦える力があるのにもったいないと思います。

英語スピーカーの80%は非ネイティブ。ビジネス英語こそ、定型があり、ちょっとした表現やコミュニケーションを変えるだけで、仕事の成果が飛躍的高まります。

NewsPicks様には本で紹介した内容以外のことも多くの事をご紹介いただきましたので、拙書と合わせて参考頂き、一人でも多くの皆様方が、国内外で英語を使ってさらにご活躍されることを願っております!

STAY GOLD!!
岡田さんの新著は、英語でもがき苦しみながらも、前向きな気持ちを忘れずに、ひたむきに重ねてきた英語術がふんだんに盛り込まれています。しかも、米国や英国とは異なる、英語圏アジアのシンガポールでの非ネイティブとしての視点は、とても身近に感じます。

シンガポールで行った著者インタビューでは、英語だけにとどまらず、多文化環境で働くビジネスパーソンのコミュニケーション論とも言える内容を幅広く語っていただきました

この週末、土日で2回連続で配信します。本日は、前編をお楽しみください。
私自身、研鑽が必要なので常にネイティブの表現方法を観察してます。「ここでcouldを使うんだ」とか。学びが多いです。一方で、その国では、あるいはその一個人は使うけれども、他の国、人に使った時に「そういう使い方はしない」という事例もあったりと、楽しいです。具体的には、”How are you doing?”と聞かれて、”I’m doing good.”と答えたら、そんな答え方はしないとNZ出身の友人に言われ。ただ、”I’m doing good.”を友人のネイティブ(米国人)は日々使っていて、会話が機能してるのを見ているので、うむ、と。
「自分もまねして使っていくうちに、だんだんと丁寧な英語になっていく。」

モノマネって語学の習得ではとても大事だと思っています。とにかく、現地の人の真似をしてみるのが一番です。

教科書に載っているような
How are you today?
Fine, thank you. And you?
みたいな会話をしている人なんてどこにもいません。

20年くらいだったら
Hey, what's up?
Yeah, (最近起こったこと)

いまだったら
Hi, how is it going?
Yeah, doing good! You?
とかでしょうか。


あと、最後に変なところに乗っからせてください。
「アメリカの企業はできるだけ電話で済ませようとします。」
本当に、これ。問い合わせ先としてメールアドレスが書いてあったので電話よりメールがやりやすいと思って送ったら「この番号に電話かけてください」って返事が来たことが。メールの意味、まるでなし!

お客様サポートとかも基本電話だし、テレカン(みんなで指定された電話番号につなぐとZoomみたいな音声会議ができる)なんてものも未だあるくらいだし、なんであんなに電話好きなのかわからないです。
岡田さんのいい意味で諦めの悪さには感服します。
私も日本では英語で仕事ができる人でしたが、シンガポールに来てみたら全然自分の英語が使い物にならず、心底落ち込みました。あの時、岡田さんの記事を読んだらもっと頑張れたかもしれません。

岡田さんだって現地の日系企業に転職すればもっと心地よく働けたと思いますが、コンフォートゾーンを抜け出して外資の厳しい環境に挫折しながらも乗り越えていったところが素晴らしい方だと思います。同業の士業や金融業の方をみていると、プライドが邪魔して岡田さんのようにふるまえる方はほとんどいない気がします。

ローカルスタッフとのコミュニケーションに悩んでいる駐在員や海外で活躍したいと思っている学生さんたちに読んでほしい記事でした。
著書を拝読しました。英会話本の域を超えて、海外で働く日本人の処世術、ビジネスTIPSがふんだんに散りばめられているので、これから海外で働きたい若い方にはおすすめです。
Thou shalt not worry.

(stay gold とお聞きして、バイブル風にして見ました↑ コレ↓もアタマにうかびますねぇ あ、もしかしてこちらかな?
https://www.imdb.com/title/tt0086066/)
ポジティブ英語、良いですね!
"So-so"と言ったら評判が落ちるのは、How are you doing? は文字通り「今日は調子どう?」という意味とは別に、「私と会えてどう?」という意味もあるような気がしてます。仲良い友達なら正直に答えても良いですが、ビジネスだとせっかく顔を合わせているのに相手の元気がない=私に会うことに興味がないのかしら?と思わせてしまう。

少々元気がなくても、「あなたたちに会えたから元気でたわ!」くらい言っても大げさではないし、その場の皆ハッピーになって好印象だと思います。
岡田さん、先月のシンガポールで蛯原さんとご一緒されたミートアップも好評だったとお聞きしています。
この記事、読んで素直に面白かったです。英語で苦労は私も散々な目にたくさん合っていますので、共感しかありません。
自分の経験も踏まえると、これが一番ウケました!

ホワイトボードに「今日のアジェンダ」を書く。なんだか、会議をリードしている雰囲気が出るでしょう。
少なくとも岡田兵吾がここにいる、何か会議に絡もうとしていることは伝わります(笑)

自分が英語力が相対的に弱いメンバーと会議や打ち合わせをする時は、要は自分がリーダーシップを取ってしまえば良いのです。そうすると、私のレベルの英語に自ずと合わせてくれますから。もちろん、これをやるためには、英語ハンディ以外は、自信がある時です。だから、だれよりも資料の読み込みは真剣にやり、自分の考えは予めまとめておくと良いと思います。

日本人として日本の謙虚なカルチャーを自ら打ち破るしかないんですよね。

後半楽しみにしています!
私は国連で36年間働いていましたが最近昔のヨーロッパ出身の同僚が日本人の国連職員の中には上司に対して失礼な言い方をする人がいると言っていました。日本人なら礼儀正しいと思っていたので驚きましが、日本人といっても海外育ちだったり親が外国人だったりするからと思っていましたが、日本の組織から国連に入り丁寧な表現ができない人もいるのではないかと思う様になりました。グローバルリーダーになるには会議で話す力、また書く力が大切です。書いたものを見るとその人の知的水準が分かる事もあります。アジアの若いリーダーたちの知的水準は高くなって英語力もあると思うので日本人がリーダーシップを取るためには留学しても知力とコミュニケーション能力を磨かなくてはなりません。日本の英語教育に大改革が必要です。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
143 兆円

業績