新着Pick
31Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
色々思うところはある記事。。投資家サイドにもダイバーシティは必要だけど、女性VCが増えたからといっても、女性起業家への投資が増えるわけではないとは思う。

また、女性だから資金調達できないのではなくて、起業家サイドにも、男性起業家のようなピッチデックの作り方やプレゼン方法、経営についてガチで語れるコミュニティは必要。
私が見たりしている女性起業家は資料で次ラウンドに進める確率がぐっとあがる。やはり投資家側の思考や知りたいポイントを把握しておくことら大事。早くマンガにして、出版したいなぁ。

最後に、、これは本当にそうだけど、ターゲットも大事だけど、まずはファンドマネージャーとして圧倒的に成果を出すかしないとお金は集まらない。

>VCの多様性への取り組みは女性の問題を超えて広がっている。確かに、女性起業家を支援する使命を掲げたファンドは多数ある。Female Founders Fund、BBG Ventures、Halogen Ventures、Jane VC、Cleo CapitalなどのファンドやReady Set Raise、XFactor Venturesなどのアクセラレータープログラムだ。だが有色人種などのマイノリティも資金確保に苦戦している。
サトマキさんもコメントされていますが、投資検討の際にファウンダーの性別を気にしているキャピタリストはいないですし、仮に女性キャピタリストが増えたとしても、女性起業家への投資件数が増えることに直接は寄与しないと思います。

ただ、女性キャピタリストと男性キャピタリストで見立てが分かれることがあるのかなと思うのは、「ファウンダーが女性かどうか」より「ターゲットが女性のプロダクト」のケースです。
そういった意味でキャピタリストのdiversityは重要だとは思います。
記事にも登場するダイバーシティ・ファンド、女性対象を応援するVCが増えたということを伝えたい記事なんでしょうかねぇ、、、、

アメリカにいると、とても感じるのは激しくインド人、中国人が移民してきてベンチャー企業を立ち上げていく様子。これは、ダイバーシティ・ファンドもとい、同じ母国出身の人をメイン対象に、投資を行うVCが存在するため。

インドなんかは国策なのか?と思うくらい、インド人オーナーVCが、インド人に投資して、インド人のビザのスポンサーになっていく。。。。商魂たくましいです。なので、特定のマイノリティは、その中で結構うまくやっている感はちょっとします。周囲の人は、インドと中国のマイノリティ起業家にガンガンお金を出すVCを、「マイノリティ投資マフィア」と呼んだりすることがありますよ。