新着Pick
1035Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バー・レイザー制度はユニークですね。通常人がほしい部署の関係者のみで採用活動するケースが多いので、人手がほしいという欲求に採用に妥協が生じるのは確かです。
空いているポストに人がずっと決まらなかったので、そのポストをなくした、、というAmazonの例は極端かとは思いますが、優秀な人材だけで会社を作りたいとすべての経営者が願うことを仕組みで解決しようとしている姿勢には学ぶことが多いです。

>バー・レイザーは特別な訓練を受けた人で、雇用チームからは独立している。つまり雇用をしているチームの一部ではないので、雇用チームのミスを誘発する可能性がある“焦り”の影響を受けることがない。
Amazonのユニークな採用プロセスを知ることが出来る記事ですね。
Headcountに空きがある状況、すなわち現場は人が足りなくて困っている状況ではありますが、Amazonは質を下げてまで急いでその穴を埋めるようなことはしません。通常の企業、特に外資系企業だと、Headcountが埋まらない状況が続くと、米国本社から召し上げられることもあるので、とにかく採用を急ぐ・・・というシーンも見られます。

あとは”バー・レイザー”という独特な存在。私自身は自分が受けるまでその仕組みを知らなかったのですが、昔から存在するアマゾンユニークな考え方です。アマゾンカルチャーにFitする人材であるか、今いる社員のレベル・水準を引き上げられる存在であるかを厳しくチェックする人たちで、社内にもその資格を持つ人は数人しかいません。

採用面接では、一緒に働くことになる同じ部門の様々なロールの人と面接をすることになりますが、この”バー・レイザー”はその利害関係がなく、純粋に上記視点でのチェックを行います。受ける側も、自分がAmazonに入ってその独特のカルチャーやレベルに納得して仕事が出来るかをチェック出来る機会になるので、私は疑問点を持ち帰らぬよう、積極的に質問をして時間一杯会話させてもらったことを覚えています。
まじめ、って元々の英語はなんて言葉なんでしょうか?

揶揄する意図がある言葉で、融通が効かないやつ、みたいな日本語の行間を含んだ言葉っぽく書かれてますが。

以下は、その通りだと思います。
カケラでも違和感が最初にあった人は採用しないように私はしてます。

『あなたが本当に社員こそ会社であると信じているなら、超優良な人材を見つけて雇うための時間と労力を惜しんではいけない。』
いまじゃ手に取る人は少ないかもしれないけれど、広辞苑の真面目の定義は「①真剣な態度、本気 ②まごころがこもっていること、誠実なこと」
人には様々な気質と能力があるのでしょうが、どれほど創造的で外交的で積極的な人、天才肌の人であろうと、根本に真面目さがなければ使いものにならないと凡庸な私は信じています。この信念は今後もおそらく変わりません。 ン? だから私は大きなことが出来なかったのか f^^;
見出しの“まじめ”は何を意味するものか。盲目的に上司の言うことを聞く、コツコツ言われたことに取り組むだけで変化を好まない、といった意味なら分かるけど、それを真面目とは言わないはず。そういう人を真面目と揶揄するのは、そういうことすら出来ず、少々僻みっぽくなっている人達じゃないのかな (・。・? 
アマゾンの人材戦略に文句があるわけじゃないけれど「“真面目な社員”が会社にとって命とり」という表現は、人材像を考える上で私には違和感が拭えません。真面目、上等じゃじゃんですか ( 一一)
タイトルと中身があっていませんね。ちなみに、タイトルからの直感で思い出したのはドイツ組織論の都市伝説。
「無能な働き者は銃殺せよ」
正しい判断力も正しい行動力も備わっていないのに、勝手な自分の判断で行動してしまうから有害なんです
頭数を揃えるのではなく、人材を見極める。

とくに成長が著しい企業では、進化し続ける人材が求められます。

果たすべき役割が劇的に変わることもあるからです。そのとき、そのポジションで優秀なだけでは、不十分なんですよ。
翻訳に問題ありでは?
まじめと訳した言葉は何?
記事自体は、価値がありますね。リクルートの採用へのこだわりなんかにも通じるものがある。手間暇も金もかけて(確か、リクルートでは一人の採用に400万円かけていると、藤原さんの本で読んだ記憶が)最優秀人材を見つける。
それも道。

私は、どんな人が来ても、輝き場を見つけたいと思ってやってきた。人数の都合で不採用も通知するし、甘っちょろいのかもしれないが。
何度か読み返しましたが、ここで言う真面目な社員の定義が明確ではありませんが、チャレンジングではなく現状維持を目指す社員ということであればアマゾンにとってはお荷物になるということになりますでしょうか。

あるポジションが空席になったからといって急いで採用しようとするのではなく、そのポジション自体が必要なのかどうかから考えるというのは大事なことかなと思いました。
不真面目な凡人がクリエイティブとか、イノベーションとか言っるのが一番むかつく。

不真面目な天才は確かにいるし、そんな人が世界を変えるのかもしれませんが、99.9%の会社にとってマジメな人は必要。
Amazonだってマジメな人がいないと成り立たない。
好きにすればいいけど、個人的にはこんな会社で働きたくはない。
なんかの記事で書いてあったけど、アマゾンはデスクに子どもの写真を貼ったりすると出世できないとか?本当かどうかしらないけど。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
102 兆円

業績