新着Pick
278Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あくまでも、最終判断は人間がやるべき。
そのための判断材料としてAIを活用することは何ら問題ないでしょう。

元来、人事評価なんて不公平なもんです。
実力1/3、運1/3、ゴマすり1/3です。この不公平さを多少でもAIが是正してくれればいいですね。
今まで行われてきた日本の"人事"の下で、
納得感を覚えた人はほぼ存在しないと思います。

その最大の理由…は、
"人を見ていない"からだと思うのです。
とても残念ですが…。

実際、人を見ること自体が極めて難しいと思うし、
見続けることも現実的に無理だと思います…。

人をきちんと見て、その人の成長なりを考えて、
人事を執行することを考えたら、
AIなどデジタルテクノロジーを活用することは、
人間の限界を補ってくれる取組みに繋がるし、
間違っていないと思います。

加えて、人間は、人間だけに、認知バイアスがあるため、ニュートラルに人を見ることが本来出来ないと思う。

AI、データを活用することで、
"人を見ること"が可能になれば、新たな"気づき"を
得ることも大いに期待できるし、既に、その効果を
享受している企業が存在していることを認識して貰いたい。

個人的にも、PEOPLE MANAGERの一人として、
AI、データ活用の恩恵を実際に受けています。

どのようにデータが使用されるのかを
帰属元である従業員一人ひとりの理解を得て、
活用されることを願うと同時に、"納得感"を持った人事を、
従業員含めて実現図れるよう促進していって欲しいと
心から願います。

人事が残念な状況だと、
組織の成長を期待することはできませんから…。
HRテックに伴うリスク。一方で、現実論として、上司含めた評価者のバイアスなどとどっちがマシなのだろうと思う部分もある。
むしろ、下記の言及が資格ビジネスにつなげたいのかなぁとかと思わなくもない…
『データの取り扱いに責任を持つ専門の役職を設けることなどが盛り込まれています。』
紙のテキストを、pdfにしただけでは、よいデジタルテキストにならないように…

今の人事を、AI化しただけでは、何も変わらないと思います。

ましては、「最後は人間が…」となると、何のための導入かわかりません。

「自分が確信をもてる人事評価」を教育データとして与えられるところのみが、AI導入のメリットを享受できるでしょう。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
何でもかんでもデータ化され分析されるということが明らかになってくると、社員はそれを意識して行動言動を変え、本質的ではない見かけの行動に走ることもありそうです。ファクトを捉えるためのデータ分析が、虚構の分析になってしまうことも考えられます。
データ活用自体が悪なのでは無くて、使う側のリテラシーとモラルが大事なのだと思います。
AIなら人間の変なバイアスによる評価はなくなるという前提と思うが、機械学習の元情報がこれまでの人による評価だと、そんなバイアス含めて学習しちゃうと思う。
「企業の間では従業員のさまざまな情報をAIを使って分析することで人事や採用に活用する技術の導入が始まっていますが、AI技術の進歩により、プライバシーに関わる内容などが本人の知らないところで推測されてしまうリスクが指摘されています。」
なるほど。推測されている本人すら気が付いていない、想像もしていないことが分析されていることもありそう。。

「従業員に対して分析を行っていることやその目的などをあらかじめ示すこと、分析によりプライバシーに関わる重要な情報などが推測される場合は本人に同意を得ること、それにデータの取り扱いに責任を持つ専門の役職を設けることなどが盛り込まれています」
現実的な内容かなとは思いますが、もう少し踏み込んだ議論も必要なのかも知れません。
AIは今のところ面接に使うにせよ何らかの数値目標をゴールにする必要があります。入社後の在席年数とか、満足度とか、上司からの評価とか。そのゴールをどう決めるかもポイントかと。
よしまず社員に福利厚生的な無料のeラーニング配って個人スマホから勉強させるふりしてcookie収集して転職サイトにアクセスしてないかチェックしたろ!みたいな会社あるんだろうな。