新着Pick
412Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なんかいろんな意味で人間がわかっていないと感じる論考。
まず大前提として、ネットで分断が起きているのは、政治的意見の違いなんかじゃないよ。感情の問題。
あと最大の間違いは、フォローしているからといってそいつのことを好きなわけじゃないというのを知らないこと。むしろ嫌いだからフォローするんだよ。なぜならば、人は自分が不快になる言説を絶えず欲していて、それを否定したり、打ちのめすことで安心を得ているから。要するに、ネット上での分断というのは、敵対することで安心を得る行動です。
そういう二律背反な行動を理解しないで、こんな数だけの表面的な調査で結論付けるのは、甚だ危険。
面白い研究だと思いました。少なくとも国内において政治的なテーマについては、ネットが社会を分断してるとは言えないという結果と捉えています。ネットが分断している面もあるでしょうが、他のメディアや属性要因の方が影響力が高いのではとも考えられます。

ただ、他のテーマでも同じ結果になるかはわかりませんし、少数のヘビーライターにより「社会が分断されているように感じられる」(実際に分断があるかは別にして)ことの方にネットは直接的な影響を与えているかもしれません。

いずれにせよ非常に興味深いテーマでサンプル数も多い研究なので、本も読んでみたいと思いました。
ネットの利用で分断がおこるのなら、ネットをより活用している若い人ほど意見の分断が進んでいるはずである。しかし、事実は全く逆であり、分断が進んでいるのは中高年である。
さすが田中辰雄さん!すこぶる面白い。ネットを利用するほど穏健になる。自分と似た意見の相手をフォローするわけではない。・・いつもデータと統計で常識を覆す分析を示す田中教授の真骨頂。「論客27人のフォロワーの政治傾向」のリストが出色です。
これは、とても面白い。
すこし強引さを感じなくもないですが、田中辰雄さんはいつも「逆説」提示型の論陣をはる方。
研究者としての問題意識が一流。
文中の著名人リスト全員をフォローすると、毎日すこぶる賑やかなTLになりそうですね(笑)
ポジティブなデータ。勇気づけられる。
関連記事一覧
投票行動データから浮かび上がる「希望分断社会」
note(ノート)
145Picks

<サンデーモーニング>毎日新聞の元村有希子→1月19日「2人しか死んでない。そこまで心配する必要がない」→3月8日「私から見るとタイミングが一ヶ月遅い」〜ネットの反応「自ら率先して毎日新聞の信用を失墜させてくスタイル。それに全く気づいてない元村有希子」
アノニマスポスト
11Picks

消費増税が招く「深刻な分断社会」がMMT導入を現実化する可能性(安達 誠司) @moneygendai
マネー現代
8Picks

参院選の投票行動からわかったのは、「希望分断社会」日本の姿だった
Business Insider Japan
7Picks

コロナで興行中止でも エンタメ消費はネットに転生
日本経済新聞
6Picks

日本の保育士ら、「社会から評価」感じる割合最も低く
朝日新聞デジタル
6Picks

ひきこもり状態の中高年 自立をどう支援するか 「社会で支える仕組みが必要だ」と識者
毎日新聞
5Picks

そこが聞きたい:グローバル化時代の世界 広がった「社会の分断」=「レギュラシオン理論」の仏経済学者 ロベール・ボワイエ氏
毎日新聞
5Picks

「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度
synodos.jp
5Picks

ネット生保は安いのか? Part5 ~医療保険~
K2 Assurance 保険アドバイザー 松本崇裕の海外保険ブログ
4Picks