新着Pick
519Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事内容に同意です。イマドキ「急がない」募集はあまり無いでしょうし、フィットする求人は突然出ますから、キャリアチェンジのセンサーは常に感度高く、オープンにしておくことがポイントのように思います。

あと、これ、むしろ採用担当者に強めに言いたいですね。まあ年末年始はバタバタするんで、とか言って1ヶ月半ぐらいサーチを止めちゃったりして。いやいや丸め過ぎだからw 探す方も常にアクティブに!ですよね。
記事の通りだと思いますが、企業によるオフィシャルな採用だけが入り口ではないと思います。
年末年始は忘年会、新年の挨拶、新年会などで色々な人に会えるチャンスなのそこでネットワークをつくったりして情報包囲網を広げるチャンスでもあります。
金融業界では転職市場の競争はいつでも激しいと思いますので色々な情報を仕入れて水面下でも活動すべきでしょう。
Let’s think outside the box!!
生涯、Know your market value です。
時期も年齢も人生において来るべきときに運命は来ると思います。
自分の市場価値をきちんと理解し続けるためには、転職はもちろん起業や職業をがらりと変えるなど、生きていくためには必要なことです。

ただ、無礼にならないように、嘘はつかないようにしないとですけどね。

ヘッドハンターさん泣かせかもしれませんが、私はいつもオープンマインドで話は聞きますと最初に申し伝えるようにしてます。
正直、専属のような信頼おけるヘッドハンターというんでしょうか、キャリアカウンセラーとか、近くに常にいると、より自分らしく生きていける気がします。
年末こそ転職活動をすべきでしょう!!

年末のボーナスをしっかり貰ってから退職できますから。

「査定期間をクリアしている」などと安心してはいけません。
私は、退職日をボーナス支給日の1週間前に指定され(信頼して一任していた)、ボーナスゼロにされました。

他の外資系企業や日本の商社から野村投信に転職した「転職同期組」は、査定期間クリアでしっかりボーナスを支給されたので、安心して信頼していたのが没落の原因。

ボーナスゲットして、正々堂々と転職しましょう!
長期休暇中に、自分を見つめ直すのは必要だと思います。
「クリスマスの華やかさで、自分が今の仕事にどれほど不満を持っているかを忘れやすくなるかもしれないが、年明けに嫌な仕事に戻れば、また不満を感じることだろう」