新着Pick
810Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
租税の3原則として、「公平・中立・簡素」といいますが、
今回の軽減税率は、3原則のどれからも外れた、
悪手ですね。

①公平:負担能力(担税力)に応じて分かち合う ※応能原則に立つ場合
   → たかだか2%の差をつけるだけで、
     低所得者対策としてそもそも有効なのか?
     実証研究をしないと真偽はわかりませんが
     個人的には効果が低いと推測します。
     
②中立:税制が個人や企業の経済活動の選択をゆがめないようにする
   → 思いっきり歪めている

③簡素:納税者が理解しやすく、徴税コストを抑える
   → 難しすぎて相当な混乱が起きているし、徴税コストも大きいはず

結局、得をしたのは、税理士、レジやPOSシステムを売っている企業だけ?

今回の消費税率引き上げのために
政権・政府内で、いろいろ苦労はあったのだと推察しますが・・・。
国会でずっーーーーーーーーーーとこの手の問題が指摘され続けてきたのに、与党が無視して強行採決した今回の消費税増税と軽減税率。
公平・中立・簡素とは程遠く、国民生活を混乱させていることを政府はしっかりと反省し、単一税率に戻して減税すべきだ。
当初から混乱は予想されていました。

店側は座席を撤去して利用者の反感を買うようなことまでしなくていいと思います。
制度の不備ですから、8%で統一しておいて、利用者が脱税だというのであれば、それを取り締まるのは税務署の仕事。

すすんで利用者離れを起こす必要はありませんよ。
別記事ですが、こういう人もいるんですね…。

『イートイン脱税している人を見つけて直接指摘したり、店員に報告したりする客が現れ、ネットなどでは「正義マン」と呼ばれている。店員は報告があったからには対応せざるを得ないが、そんな暇はなく、また、「勘違いだった」というトラブルも増えており、現場は混乱している。』
こういう事態を招いた原因を考えるときに、制度の罠を突く人のモラルの話にするのは思考停止です。
彼らは普通に経済合理的な行動を取っているのであり、問題はこのような抜け道がある制度をデザインした施政者側にあると思います。
政府与党の政治家ピッカーさんの意見をききたい。消費税関連について、ほとんどコメントを見たことがない。

追記:先ほど、コーヒー店に入り、店内で飲むので10%でしたが、買ったあとに席がなくて、やっぱり外で飲むとなった場合に、2%返してと言う人がいたりしないのだろうか、とふと思いました。
ほんとクソ軽減税率
起きるであろうことも事業者がいろんな形で負担を負うことも分かっているのに、“贅沢じゃない自宅消費の食品”という形を整えるためだけに入れたような無理。コンビニのイートインで食べる客よりキャビアを買う客の方が余程10%の税率に相応しいような気がします。「同じ商品なのに税率が変わる制度はできればやめてほしい」という気持ちはよく分かる。
いろんな見方はあるのでしょうが、私は、制度を作った側の問題であるように感じます (・。・;
この問題は、軽減税率をぶら下げられたことによる実質的な世論操作に乗っかった新聞が一番悪いと思ってます。
増税された直後に気付かずやってしまったことがあります。レジで特に聞かれなかったので普通に買って、店内で食べてるときに張り紙に気づきましたが、レジに持っていって訂正してもらうとかやるとバイト店員君がパニくりそうで悪いなあ、と思い。
まあ、どこから見ても意味のない制度ですね、、