新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Apple信者並に熱いMicrosoft信者…いや日本礼賛信者の方の記事ですね。

別記事への投稿でも書きましたが、あまり感情移入せずに、冷静に受け止めた方がニュートラルな判断ができると思います。

英断もあれば、挑戦もあります、でも、AppleやHuaweiをひっぱりださなくても、生産性の向上において、これらが、どういう意味を持つのかを判断すべきではないでしょうか?

日本で、日本的な…それはどうかと思います。日本の市場規模は、それだけの魅力はありませんから。
WindowsOSをより快適に使ってもらう為にSurfaceパソコンを開発してきたMSが、より快適に働いてもらうためにSurfaceブランドを拡充してきたという解釈で良いんですかね。快適さを追求する上では、WindowsOSに拘る必要はなくて、必要に応じてAndroidも使うと。便利であれば構わないのですが、WindowsOS内蔵デバイスとの親和性などはどうしても気になってしまいます。でも、MS的にはデバイス間にはAzureがあれば問題ないでしょ、なんならEdgeだけ動けば良いでしょ?という勢いなんでしょうね。
Surfaceは周りで10台くらい使ってます、いいPCだと思います、とお断りした上でのあくまでも個人的な感想です。バッテリー周り、電源系のトラブルが多い印象です。
新しいチャレンジを何個も投入していること(AndroidやARM)と、ユーザーニーズに対応した着実な進化(ペンのキーボードへの収納、ディスプレイの更なる狭額縁化)、両方があったと思う。元の期待値のバランスもあるとは思うが、だから最近のAppleの発表会より、色々ワクワクする感じが多かったのだと思う。
私は発表会は見られなかったのですが、弊先輩が見て盛り上がったと言っていて、その一端が垣間見えたような記事でした。

「この製品は『Surface』であり、『電話』から生まれたものではない」なるほど...
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
126 兆円

業績