新着Pick
838Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
相変わらず日本企業のコンプライアンスは脆弱だ。身に危険が迫るような脅迫があれば警察に通報したらいい。相手に弱みを握られて、警察に相談出来ない理由があるとしか考えられない。それから、取締役会も全く機能していない。私が社外取締役なら、会長、社長は即退任。受け入れられないなら、社外取締役を退任する。こんな茶番劇はワイドショーネタで充分だ。
岩根社長の「就任祝いのお菓子の下に金貨が入っておりまして」という言葉は時代の言葉として残るような気がします。これは過去によく使われた手口です。私は直接現認したことはありませんが、昭和の頃の選挙では、よく現金入りの菓子折りが配られたという話を聞きました。草加せんべい、南部せんべいなど郷土の名品がよく使われたと聞いています。元助役は昭和ひと桁の世代。昭和の精神をずっと引きずっていたのでしようが、それに付き合っていてはいけません。元助役に脅迫されて金品を受け取らざるを得なかったとのことですが、総会屋の時代を生き抜いてきた経営陣たちが真顔でそう言うことは、本当に情けないと思います。
一部上場会社の役員が、ここまで恥を晒してでも、決してその先には触れないこと。
資金がどこから来て、何のために無理やりにでも贈られなければならなかったのか、その不自然な流れを誰もが口を閉ざす不可解さ。
コンプライアンスに煩い上場会社にも関わらず、役員の責任が問われない、寧ろ問うてしまっては不味いような不可思議な会見の様子。

この問いの答えは原子力云々では恐らくないのでしょう。
推察するに考えられる答えは一つしかない訳ですが、本当にそうであるなら、この件はやはり闇に葬むられるしかないのかもしれません。
しかし、こうした事は未来永劫ずっとこの国の宿痾として続かざるを得ないのかと思うと、些か悲しい気がします。
以下、ミステリー小説の筋読みをするレベルでの、完全に個人の想像です。

民間企業どころか警察も司法も入っていけない古くから続く「アンタッチャブルな世界」が想像できます。ただ、よく分からないのは、「アンタッチャブルな世界」から関電へのお金の流れのところです。「アンタッチャブルな世界」が本件でスーパーパワーを持っているため、この関電への部分のお金の流れがなくても全体の取引が成立しそうです。

だから、関電の役員全員が100%被害者かというと、そうではなくて、少なくとも何割かの役員は、役員報酬の外で電力料金と株主利益を食い物にしていた「アンタッチャブルな世界」の仲間に思います。
「お菓子の下に金貨が入っていた」って…
いつの時代の話しなんでしょうか?
江戸時代の時代劇の世界だけだと思っていましたが、関電の体質はまさに江戸時代の悪代官並みということですか。
かなり衝撃です。
それにしても、公表のタイミングが悪すぎますよねー。
最初から、洗いざらい公表しておけばよかったのに…。

公表するたびに驚きと呆れが交錯し、挙句の果てには金貨ですか?

まだ、未公表情報があるのでしょう。

経営陣の裏方が下手なのか、本人たちの往生際が悪いのか?

メディアを喜ばせて、自分たちはどんどん窮地に陥っていくパターンですね。
とても反省しているとは思えないのですけど…。
江戸時代の 悪代官が 饅頭の下の小判を受け取る絵を想像してしまう。
脅迫があったなら しかるべく対応するために 社内で共有、警察に相談すべき。 一人一人 自分だけが 脅迫されていたと思っていたのか? みんな脅迫されていたから 受け取っても大丈夫と思ったのか?
企業人経営者 としての良心はどこへいったのか?

この件、温度差がありすぎて、こわい。
小判に金貨、お菓子の下に。事実は小説より奇なりといいますが、伝えられるエピソードは時代錯誤の驚くべきことばかりです。電力マネーの還流が疑われる大問題。国会にも国政調査権があります。第三者による厳正な調査が必要だと思います。
こういった金品の受け取りを、会社は社員に認めてはいないはずなのだから、カネを受け取った関電の幹部はさっさと辞任しなければ、まともな会社とはいえない。

さて、学生時代の親しい同級生で、当時の通産省の偉い人の息子がいた。彼は、就職活動で、東京電力と某銀行から内定をもらったのだが、彼の親父さんは、「東電への就職は許さない。人間が腐るからだ」と言ったのだという。電力会社の社員がみな腐っているとは思わないが、今回の事件で、友人の親父さんの気持ちが分かったような気がする。
金は今年40年振りの高値をつけました。なかなか渋いセレクションですね。

わかってるじゃないか

‪バイきんぐ・・・「賄賂」/『バイきんぐ単独ライブ「エース」』より https://youtu.be/fLAP2NHPj-k
関西電力株式会社(かんさいでんりょく)は、大阪府大阪市に本店を置く電力会社である。略称として関電(かんでん)や、KEPCO(Kansai Electric Power Co., Inc.=ケプコ)が使われる。2020年4月1日に、発送電分離の法的措置に伴い、送配電事業が「関西電力送配電株式会社」に分社化されたことにより、同社は発電・小売事業を継承した、事業持株会社として新発足した。 ウィキペディア
時価総額
9,538 億円

業績