新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Appleと親和性の高いところと組めばよい。

審査が甘いというのは既存金融機関の審査基準
をベースに考えた評価に過ぎない。

かつてVISAやマスターが上陸した時のように
支店を多数持つ大手銀行を受け皿にする時代は
終わった。

Appleのブランドとデジタル広告で顧客に浸透
するのだから、Appleのペースでやりやすい所
と組むことになるというのが必然の結果と、
予言ではないが敢えて公言します。
Apple card使ってますが、「なんで他のカードはこんなにシンプルではないのか?」と思うほどユーザーインターフェイスが良くできています。通信キャリアも全世界で連携した歴史のあるアップルなら、同様に全世界の金融機関と交渉しても問題ないでしょう。通信キャリアがIphone を独占販売することを条件に売るノルマがあったように、apple cardも条件は厳しく、アップルカード争奪戦みたいなことになるかもですね。
記事にあるゴールドマン・サックスが負担しているという350ドルのコストというのが新規顧客コストだとすると、日本のマーケットでは回収はかなり困難ですね。

日本は米国の顧客と比べると極めて一回払の割合が多く、リボによる分割払いの収益が期待できません。特に日本のクレジットカード事業者は、インセンティブ競争にさらされていますから薄い手数料だけでは、大きな収益を得ることは難しく各社、あの手この手でリボ率をあげようと努力しています。

しかし逆に考えると日本の顧客の未収率は低いので、アップルの緩いという審査基準でも、債権回収の観点でいうと成り立つかもしれませんね。

なんにせよ、一ユーザーとしてはあの洗練されたAppleCardを手にしてみたいものです。
他の方も書いていますが、審査基準が甘い⇒1名当たり350ドルのコストが掛かっているというのは連動しないのではないかと。
どちらが負担しているか分かりませんが、カード発行時の販促費用を金融機関が持っているだけかもしれませんし。

審査基準が甘いというのであれば、日本も相当甘い方だと思います。
逆に一度信用に×がついてしまった人にとっては厳しいのも日本ですが。

世界中で展開したいと言っても、決済ネットワークは国によってかなり違いますので、そちらの方がハードルになると思います。
その意味で日本はかなりハードルが高いでしょうね。
ステータスも要らないしポイントも要らないけれど、頻繁に使うし人前で使うものだから、UXが良いもの、シンプルでクールなデザインのものが欲しいです。
Apple card使ってみたいな
UX優れてるみんなが言うので、きっとそれを使ったら離れられなくなるんじゃないかと

PayPayとどっちが勝つんだろうか笑
日本ではどこと組むか次第だと思う。アメリカではゴールドマンとマスターカード。日本ではマスターカードとどこと組むか?やはり銀行系だろうか。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
127 兆円

業績