新着Pick
686Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロス教授は「Reasons are bullshit(「理由」はまったく意味がない)」といってステッカーまで作って学生に配っています。「自分で責任を持って選択して人生を決められたら、きっと失敗しても後悔はない、それが幸せに生きる、自分の人生を生きることにつながる」というメッセージです。

話は少しずれますが、「デザインスクール」の授業は、スタンフォードのどんな学部の学生も選択できます。工学部、ビジネススクール、文学部、教育学部など全ての学部の学生が交流できる「共同学部」みたいなもので、いろんな人が集まります。専攻、性別、年齢も様々で、50代の教授も学生として混じっていたりします!それでも同じことを悩み、ロス教授のヒントに「はっ」とするんです。そういう様子を見ると、みんな大なり小なり悩んでるし、悩んでいるってことは何かを変えたい、変わりたいと思っているポジティブなサイン。そう思うと人間みな同じだなと思えてきてなんだか勇気付けられる思いでした。

明日は最終回、活力を得るための「言葉の力」とそのトレーニング方法をお伝えします。
多体剛体動力学で有名な bernard roth センセイですねぇ まだご健在なんですねぇ 、もうこっちの研究はなされてないようですが

この年代のスタンフォード機械科には、他にも ken waldron センセイ (機構学)、doug wilde センセイ (最適化: ワタシのacademic ヒイジイチャン)、あとえーっとd.school のあの方(制御: お名前失念)など、スーパースターが揃ってましたねぇ このような、各々の専門分野を人類最高レベルで極めた方達が人生論や創造力を語るのが、d.schoolの強みだとおもっていますよ 少なくとも、ワタシのような疑ぐり深い技術オタクでも、これらのセンセイ方のお話なら (ほとんどが sure, so what? な内容でも) ちょっと拝聴して見るかという気になります

かんけいないですが、「ロス」は "loss" が先に浮かんじゃってキモチワルイですねぇ
こういうの読んですぐに「やっぱ挑戦しないとね!」と闇雲に動く人を見かけますが、それは挑戦ではなく失敗への予定調和だと思います。わざわざ言われているのは「失敗を恐れつつもしっかり挑戦する」ということかと。つまりリスクをきちんと把握できているから失敗を恐れられるわけで、恐れ知らずは単なる乱暴者ということでしょう。
『行った先には、必ずチャンスがあります。そこから一つを選んで、そして次のドアが開いていく。』

先日友人に「今までの人生で後悔した決断、ある?」と聞かれ、「特にないよ」と即答していた自分がいました。それはこれまでの選択肢の全てにおいて良い方を選択した自信があるわけでも、失敗しなかったわけでも決してなく、ただ自分が「今」立っている場所に納得しているからだと思います。失敗は経験だと書かれていますが、振り返って「良い学びだった」と後の人生に活かすことが一番!だと個人的に思っています。

(ただ、まだまだ未熟者なのでもしこれからとても大きな失敗をしたら考え方が変わってしまうかもという怖さはありますが、、、)
OODAループ=先の読めない状況で成果を出すための意思決定方法

急速に技術革新が起こり、色々な分野・業種で社会が大きくゲームチェンジしようとしてい
る現在は、”「自分がどうなりたいのか」と「行動の選択肢」を照らし合わせて、最も効果的だと思えるものを決める”力こそ、リーダーには必要不可欠だと思います。

決めること・決断することが苦手な日本人、常にアンテナを張り巡らして情報収集し、状況を把握し、変化を敏感に感じ取っていないと決断はできないのだと思います。

>失敗を恐れず、動いていくこと
言い訳するのは、本当にやりたいことではないから。

特に、別にやらなくてもいいやって思っていることに関しては、言い訳しがちですよね。

言い訳してごまかしながら生きるか、本気で何かにチャレンジするか、人生は自分次第。
できなかった理由、遅刻した理由などの御託を並べはじめると、「A️ Goooood️ Reason(もっともらしい理由だね)」と「O」を5つつけて皮肉る、そうです。

デザイン制作にネガティブなモードが働くと、それが全体ににじみ出てきます。見ていてバランスが悪い。何の感動もないものになり下がります。
「重要なのは『理由』をつけている限り、行動はできないということを肝に銘じる必要があるということ。」

「私が教えているのは、人生の設計ではなく、迷った時の考え方やツールです。」と。

生き方は自分でデザインできるということですね。デザインとは待つことではなくて、観察したり聞いたりすること。即ち行動しなければ何も変わらないんですね。

そういえば、「ライフデザイン」(良い本です https://newspicks.com/news/2993577/body/?ref=search)を書いたのもスタンフォードのデザインの教授だったはず。デザインは人生に寄り添うツールなんですね。
ごもっとも発言ながら、シニカルで楽しめる記事。
言い訳してる暇があったら失敗を恐れずチャレンジを。
仕事をしているとどうしても責められた気持ちになり、言い訳を考える自分に気づくことがあります。

それを無くすためには、
・やらないことを決めること
・まかせる人を見つけ頼むこと
・やらないとわかってもらうこと

の全てが実現して初めて成せる気がするのですが、サラリーマンでそれを成すのはほんとに難しく心が折れそうな時はよくあります。

言い訳してる人ほど言い訳してる暇なんか無いのに。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。