• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【井上慎一】日本初のLCC「ピーチ」をゼロから立ち上げた男の天命

NewsPicks編集部
232
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • PIVOT エグゼクティブ・エディター

    今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、Peach AviationのCEO・井上慎一さんです。取材中モヤモヤ考えていて、どうしてもわからないので、最後に井上さんにお聞きしました。「あの、俳優の誰かに似てると言われませんか」。するとニヤリと笑って「竜雷太とか、松平健とか、船越英一郎とか」。スッキリしました。
    ーーー
    日本初のLCC(Low Cost Carrier)として、2012年3月に運航を開始したPeach(ピーチ)。関西国際空港に拠点を置き、「空飛ぶ電車」をコンセプトに掲げるなど、従来の航空会社とは一線を画す独創的な発想や戦略で、低コスト化を実現してきた。2019年11月にはバニラエアを統合し、アジアのリーディングLCCを目指している。

    そんなPeachをゼロから立ち上げ、牽引してきたのが、CEOの井上慎一氏。「日本とアジアのかけ橋になる」というPeachの使命は、中学時代からアジアとの縁に導かれた、井上氏自身の使命でもあるという。

    井上氏のリーダーシップの原点や、LCCを天命とするに至ったルーツなどから、その哲学に迫る。(全7回)

    ■第1回 日本初のLCC「ピーチ」をゼロから立ち上げた男の天命
    ■第2回 弱音は吐くな、途中であきらめるな
    ■第3回 リーダーたるもの、最後に責任を取る覚悟を持て
    ■第4回 天安門事件とANA「奇跡のハンドリング」で転職を決意
    ■第5回 LCC界のレジェンドに学んだ低コストとおもてなし
    ■第6回 「おもろい」工夫から、新たな価値が生まれる
    ■第7回 「空飛ぶ電車」で顧客の人生に彩りをもたらす


  • badge
    講談社 宣伝統括部担当部長

    ピーチ、注目しています。
    名前の由来から、経営思想まで読めて嬉しい。
    そこまでやっているとは、驚きました。
    「しかも、現在のチェックイン機のボディは、よく見ると低コストの段ボール製になっています」


  • 時差リモート×移民生活 in オランダ パートナーHR(人事顧問)× 投資家 (Human Capitalist)× 父親

    「空飛ぶ電車」といった独自のコンセプトと、社名が本当に良いですよね。LCCといえばピーチ!というくらいの知名度があると思っています。

    個人的には空飛ぶバスくらいの利便性なって欲しいところですが、価格設定に関してはすでにバス並みですね。

    「日本とアジアのかけ橋になる」というビジョンの成り立ちや、社内の浸透プロセス、ビジョンの実現など今後の展開が気になります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか