新着Pick
603Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この度は「仕事の哲人」連載に選んでいただき恐縮です!全7回、どうぞお付き合いください。

「やることは1つに絞れ」とアドバイスしてくださる方もいますが、小学生の頃から何事もやらないと気が済まない性分でした。バイオリンという軸が自分の中であったからこそ色々な分野にチャレンジできているのだと思いますが、それも本当に周りのサポートあってこそ。

人に会うのは私が最も大事にしている動力源で、そのためにタイムマネジメントを工夫して時間をつくるようにしています。
今回の「シゴテツ -仕事の哲人-」は、バイオリニストと起業家のパラレルキャリアを歩んでいる廣津留すみれさんです。
ーーー
1993年大分市生まれの26歳。小中高は地元の公立に通い、ハーバード大学に現役合格。2016年に首席で卒業後、ジュリアード音楽院の修士課程に進学し、18年に最優秀賞を取得して修了するという快挙を遂げる。

現在は、ニューヨークで起業家として奔走する一方で、バイオリニストとしても世界中から招かれ、一年の半分は演奏旅行に飛び回る。ヨーヨー・マをはじめ、世界的な演奏家との共演も多い。

英語塾を運営してきた母の独自の教育法で、幼い頃から英語を学び、4歳で英検3級に合格。小学生の時から始めた日記やプランニングの習慣は、今でも継続している。徹底的な効率化と集中力で、限られた時間をフル活用し、結果につなげてきた。

あふれる情熱と行動力を兼ね備えた、まさに世界を舞台に活躍するニューエリートの学び方と行動習慣を紹介する。(全7回)

■第1回 ハーバード首席卒、バイオリニスト起業家の勉強法
■第2回 ゴールに向けて必要なことを効率的にこなす
■第3回 リーダーに求められるサーバント型リーダーシップ
■第4回 世界で通用する英語力を身につける方法
■第5回 世界のリーダーが実践する人脈づくりの秘訣
■第6回 「5分」の使い方と「TO DOリスト」
■第7回 世界中に音楽の楽しさを伝えたい
バイオリニストと起業家という二足のわらじを履く廣津留さんのインタビュー。

私も3歳からピアノを始め同じように学問と音楽の両立に苦労していた時、当時のピアノの先生も廣津留さんと同じことをアドバイスしてくれました
・ピアノを弾いていない何気ない時間も、指の筋力を鍛えるトレーニングはできる
・頭を使って効率よく練習すれば、時間は短くても上達できる

私は結局中学受験の勉強と両立できず、その後ピアノは完全に趣味化してしまったので偉そうなことは言えませんが、その時に学んだマルチタスクをこなす時間/頭の使い方は今でも役に立っています。

音楽に起業家とどちらでも結果を出そうと頑張っている廣津留さんにこれから注目してみたいと思いました
すばらしい方ですし、すばらしい記事です。

但し、ほとんどの方々には、全く役には立ちません。

何故か?

目標も才能も、廣津留さんとは違うからです。

以前から何度も書いていますが、成功談から学べることは、極めて少ないです。

それは、その人固有の要素が極めて強いからです。

逆に、失敗談は、普遍性があるので、多くのことを学べます。

なので、こういった記事では、できれば失敗談も交えて記載いただければ、多くの方に役立つと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
廣津留さんのようなプロフェッショナルになる方って、ただ時間を費やすのではなく、自分自身でゴール設定をしてそこにあわせて行動を分解して動ける人なんだろうなと思います。

そうは言っても、なかなかマネできることではないとは思います。
一瞬、一瞬を真剣に生き、その積み重ねが大切ということですね。

わかってはいても、なかなか徹底して継続実践できることではありません。

自分自身の最近を思い返し「怠け者の自分」に反省するとともに、
活力や刺激を頂きました。>ありがとうございます。
こんな魅力的な人がいることが郷土の誇り。大分県は江戸時代、小藩に分かれていたので県民と言ってもエリアによってその特徴が異なります。ゆえに県としての施策「一村一品運動」がハマったり、別府のAPUで世界90か国以上からの学生受入に等、多様性が多様性を活かす県になっていけるポテンシャルがまだまだある。僕も自分なりに貢献していきたいと思います
英語に才能は必要ないが、音楽には必要不可欠だ。日本の若者が内向きになりつつある中、こういった才能を持った人物が海外に出ていくことはとても素晴らしく、また今の子供たちの希望になることを願ってやまない。
すごい方ですね! 高校まで公立学校で塾に行かず、というところも驚き。
タメからの率直な問い。「やばい飲みすぎたー汗」みたいな経験ありますか?( ・∀・)
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。