新着Pick
889Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大室先生との対談を記事にして頂きました。「DJ力」って、ワタシの見た目でなんとなくアリな感じかもですが、これ言ってるの大室先生ですからw しかし、確かに適切な表現。さすが、平成の説明王・King of 例え話、令和でも健在です。

ワタシがこの「またぎ転職」で良かったと思うことの一つは「産業には特性があり、会社には個性がある」という、ごく当たり前のことがわかったことです。そして、これをできるだけ早く探り当てようとする独自の「手法」のようなものが身に付いたこと。

制度や施策を考えたり動かしたりする上で、この「特性・個性」を無視すると100%上手く行かない。なぜこの行動になる集団なのか、なぜこの発想になる組織なのか、そこを理解しなければ刺さらない。おそらく業種を超えた転職をしなければ、ここまでリアリティを持ってはわからなかったと思います。「人事」という仕事の本質なのかもしれません。

迷わずまたげ、またげばわかるさ、といった感じでしょうか。少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。留美さん・藤田さん、面白い記事にして頂き、ありがとうございました。
安田さんはJ&J時代の同僚です。今回の対談は、当時ランチ後の九段下のカフェベローチェで話してたようなことそのままです(笑)。J&Jに入社して良かったのは人事総務部の管理職研修や人事のオフサイトMTGなどは一緒に参加し人事の考え方を身近に触れることができたこと。

今回の要旨であるキャリアを解像度を細かく要素分解し共通項を見つけつないでいくという考え方は私の尊敬するDJ沖野修也さんの著書「DJ選曲術」にヒントを得ています。(因みに沖野さんの06年発売のソロアルバムにはspecial thanks M Omuroとクレジットしていただいているのはちょい自慢です)

またJ&J時代の経験から割とリストラという言葉をカジュアルに使用していることに鼻白む方もいるかもしれません。しかしJ&Jのように多様な事業を抱え常に事業部のポートフォリオを組み替えている会社では事業部解散とか、M&Aに伴う本国からの指示でのポジションクローズとかリストラは決して珍しいものではありません。

経営判断としてのリストラを受容することと、リストラされた人がツライと感じたり、時にそれによって体調を崩したりすることに寄り添うことは矛盾しないことと考えています。

佐藤さん、藤田さん、DJ力の名に恥じないグルーヴ感溢れる記事にまとめて頂きありがとうございました!

PS
このタイトルでこの写真。DJと対談しているようです(笑)。
転職は「DJ力」が9割ーー。というキャッチをご覧になって、なんのこっちゃと思われたかもしれません。でも実は、深い意味があります。
ユーモア溢れる語り口の裏に、苦労から得た知恵が滲みます。共感しきり対談でした。
中身はキャリアの逆張戦略や希少価値を考えながら仕事している人なら自然と身についていることですが大室先生と安田さん、二人の言葉の魔術師にかかるとここまでエンターテイメントになる。「自分なんて」と自己肯定感下がっている方や「自己評価未満の他者評価に悩んでいる方」必読!

面白くない話を面白くする、この点において大室先生と安田さんは明らかなGifted。
仕事も日常生活も普通のことを面白くしている、いや味噌クソなことも面白がってること間違いなし。
これこそが自分で自分を幸せにする自律的な生き方。

学校や会社でジャニーズ系のあの人や、力技のあの人、元どこそこのキラキラキャリア組と闘わずして一番人気をかっさらう人いるじゃないですか。その人が居ることで人が集まり物事が好転する人いるじゃないですか。
まさにその才能を持ったお二人。お二人程キレキレでなくともユニークな人材、社名や役職名でなく自分の名前で仕事したい人は是非みにつけたい方程式です。
>「プロジェクトリード」をやったことがある人って強いんですよ。

ホントにそう思います。私の専門領域だと、監査法人勤務の会計士で入社数年めの若手がキャリア相談に来た時、やっぱり伝える1つのことが、

「マネジャーになって、プロジェクト(エンゲージメント)を頭からお尻まで自分で完結させる経験を積んでからでも転職は遅くないし、逆にそれを経験してからの方が高く自分を売れるよ」

と伝えてきました。プロマネ経験を求めている会社や人は多いですから。
競技人口の少ない「おいしい」またぎ転職、編集でつなぐ「DJ力」、解像度の粗い「降臨おじさん」。いつも通りのキレキレワードが飛び交う総合格闘的な対談ですね。

複業・兼業もキャリアにおいてプチトランジションをしていくうえでの「またぎ力」が試されるという意味ではある種似ているように思います。

越境×編集×解像度の方程式で経験やラーニングを加速する時代。これに自分自身を定期的に振り返り、リフレクションできる力があれば完璧ですね
スキルの要素分解、良くわかります
コンサルタントをしていて困る質問は、「で、何のスキルがあるんですか?」ということで、じゃあ固いスキルが身につくかと言えば極論何もない気がしています。それでもコンサルティング出身者が色々なところで活躍しているのは、「答えがない問いに論点を分解して事実を集めて考えつくすこと」とか、ハイプレッシャー/短い納期で結果を出すプロ意識だったり、現場に放り込まれて何とか巻き込みながら前に進める力だったり、そういう「要素」が色々な局面で活きるということなんでしょうね。と、転職したことない人がコメントしてみます
> 「学園祭実行委員」っぽい経験が、今後仕事のほとんどがプロジェクト化していく中で重要になってくる。

まさに学園祭実行委員会経験者です…企画、広告、広報、備品調達、当日運営・スタッフ回し、会場警備、その他諸々なんでもござれ。マルチタスクは当たり前。

大学からの資金的支援が全くないので、資金調達から全員野球。地域商店からの広告獲得、OBや企業への協賛依頼(分担して、ひらすら大物OBに手書きの手紙を送る)等々。大学側や参加団体とのネゴシエーションや調整はもちろん、自前の企画にも相当力を入れていました。シンポジウムの企画で講師依頼に出向くと、企業の方からもこんな立派な企画書で依頼されたことはない、と驚かれるほどの企画書を作るようなプラクティスも蓄積されている。イラストレーターやフォトショップなどのデザインソフトも普通に触る…そして、飲むときは飲む笑

なかなか、社会人力が磨かれた経験だと今でも思います。
「バイヤーになりたかった」安田さんと、「編集者になりたかった」大室さん。
いまどき、専門性がひとつあるのは前提で、他の能力をいかに高めていくかというお話が、体験をもとに語られます。
「エアコン王」から「リストラ王」に転向した安田さんは、「プロレス王」でもあります。
20代でコンサルからベンチャーへ転職、起業した時に、たとえ起業がうまくいかなくてもこういう経験をしたキャリアはプライスレスって思ってた。心の中のセーフティーネットだったなー。

『今思えば、そういうことも常に気にしていましたね。「この経験は外でも重宝されるだろうな」とか。』
この連載について
上司とソリが合わないから、同業他社に転職する……。そんな後ろ暗い転職よ、さらば。 今は、成長の機会を取りに行くために、より伸びている業種・職種に横スライドする時代だ。 では、引き合い殺到の「伸びている職種」とは?  そのランキングを掲載するとともに、業種・職種をまたいで転職したロールモデル達から、成功の極意を引き出す。