新着Pick
548Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度かコメントしている内容ですが、いつまでもこんな状態じゃお上から発せられる「働き方改革」のお題目が説得力を持ち得るわけがありません。霞ヶ関は日本を代表するブラック企業の現場であるように国民の目には映ります。
率先して「働き方改革」を実践して成功事例を確立させるのか、「公務員という特殊な仕事なので例外だ」と宣言するのか。もっとも、後者のアプローチでは「うちだって特殊だ」と主張する会社が続出するでことでしょう。

官僚の方々の労働時間については国会待機の悪影響がしばしば取り沙汰されますし、国会議員の先生方はさながら、日本有数のブラック上司の集団のようです。同時に、日本の悪しき労働慣習を引き継ぎ続けている節もあるように感じます。

以前に省庁の方からアポをいただき、複数人の方にご来訪いただいた際、何事かと思ってお会いしてみたら、用件はたかだか3分で終わる内容でした。
その後に10分ほど、申し訳程度に関連しそうな世間話をしてお引き取りいただきましたが、メールで十分事足りる内容でした。
先方としては礼節を尽くそうとなさったのかもしれませんが、こんなことにわざわざ往復1時間弱もかけているのかと思うと、そりゃ効率良く働くわけがありません。公僕たる自分たちの時間を無駄に費やし、なおかつ相手方の時間も奪っているという点において、二重の意味で時間泥棒じゃないでしょうか。
私にはどうしても、こんな働き方が公共の利益に役立っていると思えません。

あと、世の中にきちんと問題提起したい内容なら、概要版だけでもいいのでサイトにも掲載した方がよいと思います。PDFを開く一手間だけでも億劫ですし、シェアもされづらい。
以前、某省の方に「PDFじゃなきゃいけない理由があるんですか?」と伺ったところ「それは発想すらなかった」とのお答えでした。もったいない。
何度も一緒に議論をさせていただきました。自らの改革を世に向かって公表する上で、言い方には限界はある中で、ここまで書いたことに敬意を表します。ますます増える業務量や国民の厳しい声を前に、職員の高い志と能力に依存をして、組織運営をすることには限界があるのでしょうか。組織の使命や行動指針を作成する企業は多いですが、厚生労働省のそれは、全て国民目線=顧客目線で書かれていて、その中で働く職員目線=従業員目線のものがありません。もちろん、国民のために働くという志があるからこそ国家公務員になられたのだと思いますが、働き方改革を担う省としてぜひ、顧客の利益と従業員の利益をトレードオフの関係ではなく、相乗効果のある関係と捉えた改革が進むことを期待します。

追記:Yahoo!ニュースのコメント欄が、一抹の不安とは逆に、ポジティブな受け止め方であることを、嬉しく思います。
若手官僚を忙しくさせるプレッシャーを取り除く。
・パワポ作成を禁ずる(いい資料作れという上司)
・会議資料はタブレット(紙をコピーしろというオッサン委員)
・国会レクの制限(官僚をつるしあげる野党議員)
・電話撤去(長時間の対話を迫る市民)
強制労働省...とはよく言ったもんですね。
昔から官僚になるということは、個人の生活を犠牲にするという面はあったが、使命感の充足と天下りという対価もあった。

今では政治家への忖度に腐心した挙句、天下り先もろくにない。これではいい人材など集まりません。
厚労省は、本当に不思議な役所です。

旧社保庁時代、パソコンでの文書作成をA4用紙1枚半を限度とするよう組合(?)が求めたりしていました。

そうかといえば、「強制労働省」と言われるくらい業務量が多いという。

もしかしたら、部署によって大きなばらつきがあるのかもしれません。

>毎日終電を超えていた日は、毎日死にたいと思った

とありますが、中央省庁では終電に間に合わないのが当たり前のような雰囲気もあります。
だから「居酒屋タクシー」というのが流行りましたよね。

中央省庁全体で考えなければならい問題ではないでしょうか?
厚生労働省の職員や退職者へのヒアリングであがったという声。読んでいると悲しくなります。
これまでにも過労に耐えられず退職された方がいらっしゃるとすると、厚労省にとっても勿体無い話。

"「楽をしたい、待遇を良くしたい」ではない"というのも納得です。

今朝は下記のような記事も出ています。
【厚労省職員4割超、ハラスメント被害 「加害者が昇進」】
https://www.asahi.com/articles/ASM8V54P6M8VUTFK010.html
【厚労省職員、業務量「多い」65%  若手職員が調査 】
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48999240W9A820C1EE8000/
自分たちが不幸では、人を幸せにできない。

前例踏襲と思考停止の職場で、やらされ感で受け身になり、辛い思いをして働くことをやめる。

自分たちの環境を変えることができなければ、働き方改革に貢献なんてできません。

一過性のものではなく、徹底的に自らの改革を推進していただきたい。
働き方改革の旗を振っている厚生労働省の職員が、自らの働き方改革の必要性を強調。事態はよほど深刻なのでしょう。是非、周囲が協力を。
たとえば、議員は、質問の通告を直前に行わないで、時間に余裕を持って行って下さい。
野党とマスコミは、重箱の隅をつつくような事をせず、真に追求すべき事を集中して追求して下さい。
P.S.
ミスは誰にでもあります。それを鬼の首を取ったように報道されたのでは、「絶対ミスをしないように、大残業しても完璧な物を作ろう」という雰囲気になってしまうでしょう。
細かなミスは「次から気をつけて下さい」「申し訳ありませんでした」で終わりにしませんか。
もちろん、大きなミスは徹底的に追求、糾弾する必要があります。そのメリハリを付けていただければ。
この記事に対するヤフーコメント欄が恐ろしい。もっと働け一色。少数派の意見であることを願いたい。
働き方改革というのは、本当に実現しようと思うと、その組織のOSに影響する根幹のもの、つまり、評価、人事、さらには企業であれば事業戦略と人材戦略そのものに手をつける必要がある類のものだと思います。

霞ヶ関の場合、企業よりも経済合理性という判断軸を効かせにくいので、変革はなかなか簡単ではないですよね。

今の時代の厚労省の組織機能、存在価値の本質は何か。
そこを改めて再定義した上で、その機能を徹底的に効率よく合理的に実現するためのOSにアップデートしていくことが、必要な気がします。