新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
成田が開港したのは、そもそも1960年代の土木技術では旧羽田空港沖合の埋め立てが困難とされたためです。都心への距離を考慮して新幹線を着工していましたが、おりしも名古屋周辺で新幹線の騒音・振動が裁判沙汰になっていたこともあり結局凍結となってしまいました。
その後は羽田は国内、成田が国際という棲み分けでやってきたものの、羽田は土木技術の進歩により順調に拡張を続け、第4滑走路も供用開始となったことから再国際化がスタートしました。一時は「成田縛り」などという各国に前例のない行政指導がありましたが今や有名無実化し、各国のキャリアは続々と羽田に軸足を移しつつあります。先日デルタ航空がノースウェスト時代からハブとしてきた成田からついに撤退すると発表し、話題となりました。

しかしながら、羽田だけで首都圏すべての航空需要が捌けるわけではありません。羽田と成田の両輪がそろって初めて首都圏の玄関口となりうるわけで、どちらかしか残らないといった極端な話にはなりません。

それでも成田についてはアクセスの面で羽田に比べ引けをとるのは確かですから、利便性を高めて羽田に対抗できる力をもつことは重要となります。利便性というのは都心への所要時間だけではなく、乗り換えが少なくシームレスに移動できるか、沿線の一般利用者と混在してラッシュ時に満員電車にならないか、低価格バスを東京や大崎だけでなく他の主要駅にも広げられないか、ということや、空港内に滞在型の施設を拡充することで利用者にとって使いやすい空港整備を進めることも含まれます。

前任の夏目社長はJR東日本で「駅ナカ」ビジネスを発展させてきた方で、単なる通過点に過ぎなかった都心の駅を見事に生まれ変わらせた方でしたが、成田空港は単にお土産物を売るだけではなく、利用客が滞在してお金を落とす仕組みにすることが重要となるように思います。
ともかく成田空港の最悪の欠陥は運用時間の短さ。
成田の運用時間は午前6時から午後11時まで。
しかも午後10時台はA滑走路とB滑走路各10回ずつの計20回までという使用制限があり、特に欧州便など利用が集中する夜間の時間帯は一便が遅延しただけで、後の便の予定が大きく狂うという構造的なリスクを抱えています。
(滑走路手前で前の飛行機の離陸待ちで待ちぼうけを習った経験は誰でもあると思います)

利用者のサービスの面でも、レストランや売店等も大半が21時までに閉まってしまい時間を潰すことさえ一苦労。
夜間の人気の無さといったら本当にここが日本の国際ゲート空港なのかと疑うほどです。

ただでさえ交通の利便性で羽田に大きく劣るのに、このように実際の運用でも24時間空港である羽田との差は大きすぎます。

因みに現代は羽田、関空、中部国際の大都市圏の空港はもちろん、那覇空港や北九州空港といった地方空港でさえ24時間運用であり、主要先進国の国際ゲート空港で24時間運用でないところは殆どありません。

勿論、私もかつての三里塚闘争を知っている世代ですから、何故成田がこのような欠陥空港になったのかは理解はしています。
しかし海外旅行や海外出張が庶民には全く縁のなかったあの時代とは異なり、現代では国際空港は国の重要インフラの一つです。

今こそしがらみを断ち切り24時間化に動くべき時なのではないでしょうか。
LCCに力入れるしかないけど、たしかに運用時間の短さは問題だよね
私は皆さんのコメントにあるほど成田空港は嫌いではないです。のんびり海外旅行に行くなら成田空港でも良いです。
羽田空港はスーツケースを持って都内の乗換えが意外と疲れるので…

成田空港の欠点は、空港のサービスが貧相なことだと思います。三里塚闘争を今一つ理解していない私には、当時の事情を今に至るまで引きずらないといけない理由がよく分からないのですが、都内から遠いわけですから、やはり運用時間は拡大すべきだと思います。
朝7時に空港に着いた時、チェックインが7時30分からと知り、愕然としました。

今のところ、昼間の便であれば、私はのんびり海外旅行ならば成田空港でも悪くないと感じています。仕事で海外に行く時と違って、空港行きの特急に乗ると気分が開放されるのも良いです。→あなたはヒマなのね〜という突っ込みがあるかも…

あと、荷物が早く出て来るのは成田空港の方では?

12月に成田空港近くに宿泊できるスーパー銭湯ができるそうですが、いっそのこと成田空港自体をエンターテイメントの場としてしまえばいいのではないかと思います。
先日、米国に遊びに来た娘の乗ったNH便が、成田空港でゴーアラウンドになりました。理由は「滑走路混雑」でした。

30分早着の予定が15分の遅延、成田から名古屋便があったので、とても心配でしたが、何とか乗れたので良かったのですが…

それだけでなく、今の成田空港の離発着渋滞(平気で1時間程度遅れる)、また、ゲート不足のためバスを多用など、空港のキャパシティとして、完全に破綻しています。

それを認識した上での、この記事のコメントでしょうか?もし、そうだとしたら顧客サービスを、どのように考えてるのか、伺いたいです。

現状のキャパシティ破綻を解消できないのであれば、羽田へのシフトを積極的に進めるべきではないでしょうか?

顧客サービスの改善と自社利益確保の、どちらを優先するのでしょう?
羽田枠増による、こういった競争は業界にとってポジティブ。日本の玄関である空港が努力することで日本全体に与える影響は大きい。
インバウンドは今後も増えるでしょうから、羽田も成田も能力一杯になるでしょう。心配要りません。まあ、成田の方が不便なので、LCCの比率が高くなり、収益的には若干苦しいかも知れませんが。