新着Pick
379Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「大東亜共栄圏」というのは東南アジア各地と日本を輸送インフラ(港、船と鉄道)で結んで経済を一体化させる、という構想でした。そのような輸送インフラを持っていたのは辛うじて英国くらいのもので、日本はというとはるかに未発達の段階でした。結果、民間から動員して、民間船員6万人の死者、2568隻の沈没となりました。近代戦は経済力、研究開発力、ロジスティクス、現地調査力といった国家の総合力が必要ですが、全てが決定的に不足していました。
 陸軍の目論見としては、「中国でやっている戦争で行き詰まって、米国の経済制裁を受けても、東南アジアで石油などの資源を獲得すれば、戦争を継続できるではないか」というものでした。東南アジアの資源を輸送するコストは、まるで検討されていなかったといわざるをえません。
 陸軍の「精神主義」は、「短期決戦主義」の産物です。つまり、陸軍の主流だった統制派は、欧米諸国の「総力戦」を真似したかったのですが、「世界最終戦論」を唱えて満州をとった石原莞爾も、中国の資源を調査した永田鉄山も、中国大陸(+朝鮮、台湾)の資源と日本の工業力などでは総力戦はできない、と気づいたのは、中国での戦争が進んだ後でした。総力戦などできないので、短期決戦しかなく、頼れるのは資源や工業力ではなく「精神」という発想になってしまいました。
 明治以来の日本が最も情報収集してきた外国は、まず中国、次いでロシア(ソ連)でした。東南アジア専門家などは皆無に等しいくらい少なく、1942年になってインドネシアを占領するというので、イスラームつながりがあるだろう、程度の発想でアラビア語専門家やペルシア語専門家が送り込まれましたが、インドネシア語ができるわけでもないので、何の役にも立ちませんでした。
 1941年の時点で、東南アジアをとれば総力戦体制を構築できる、などと言い出したのは、準備も調査もないまともな発想ではありませんでした。
精神論でなんとかできると考えがちなところは日本の経営者や政治家の中にも未だに残っている。態度や姿勢、仲間内の評判を重視した人事評価をしたり、古参兵を過剰に信頼したり。また最悪な事態のシミュレーションや、リスクを数字で把握すると言うことを軽視する人も特に大企業や官僚組織に多い。都合の悪いことは起きないと信じたいから信じる。自分の任期中さえクリアすれば責任は取らなくてすむという考え方。戦時中からあんまり進化していないのが日本の組織なのかも知れない。これこそぶっこわさないと、日本に未来はない。
当時の日本の愚かさをあげつらえば幾らでも言うことができますが、私は逆に練りに練った戦略を貫かなかった事に根本的な敗因があると考えています。
本文では短期決戦思考を厳しく批判していますが、例えば陸軍省は日米の経済格差は約20倍と計算しており、日本が国力を維持できる期間は約2年間と見ていました。
それがドイツが短期間でソ連を倒し、イギリスを屈服させアメリカを講和に引っ張り出すまでのタイムリミットです。
その為元々の日本の対米戦略は、

1)ソ連との直接対立を避け、背後を安定させる
2)主敵をイギリスに定め、緒戦でインドネシア、マレー半島を手中に収めて継戦に必要な資源を確保する
3)東南アジア、インド方向に侵攻し、援蒋ルートを遮断して蒋政権を屈服させ、戦線から脱落させる。
4)アメリカとは極力戦わず、漸次消耗させながら、できるだけ補給が可能な防衛圏にひきづり込んで戦う
5)その間にドイツがイギリスを降伏させることを前提に、イギリスの仲介でアメリカとの講和を目指す

というものでした。
これを漸減作戦と言い基本的に日本の兵器や戦術はこの戦略に従って作られていました。

一方アメリカの戦略は、優勢な兵力を活かして一気にフィリピンまで攻めこんで日本軍を撃破し、その後日本を海上封鎖し、経済的に破滅に追い込むというもので、オレンジ計画で12ヶ月、その後のレインボー5計画で3年を作戦期間としていました。
つまり、日米両国の戦略は似通っており、決して日本が短期決戦で固執して失敗したとも言えません。

この戦略が狂ったのは、新たに海軍が推す開戦の第一撃でアメリカの主力戦力を叩き、超短期決戦で有利な条件で講和を目指すという作戦、つまり真珠湾攻撃が採用されたからです。
このことで前線は補給が不可能なほど拡大し、しかも漸減作戦用に作られた潜水艦や駆逐艦は海上護衛戦に不適に作られていた為、ことごとく無用の長物と化しました。
この結果護衛船団の編成ができず、夥しい数の輸送船が海の藻屑と消えたのです。
因みに私の祖父もテニアン島近くで輸送船が撃沈され九死に一生を得たことがあります。

緒戦の華やかな戦果に目がくらみがちですが、私は補給や海上護衛戦に限って言えば、真珠湾攻撃こそ、そもそもの戦略を狂わせ日本を破滅に導いた元凶の作戦だったと考えています。
外も見えず息もできないような船室にぎゅうぎゅう詰めに入れられ、その船が魚雷により攻撃さて、どんどん船が沈んでいく…でも人が多すぎて甲板に上がることさえ出来ない……戦地に行く前に亡くなってしまった海没死がおよそ35万人ーー。

死ぬことが前提の体当たり攻撃がミッションだった特攻隊。栄養失調でマラリアなどの病気を発症する戦病死。立てこもった洞窟やトーチカにナパーム弾の火炎放射器をあてられ、一瞬にして火に海に直面した兵士……痛ましい「日本軍兵士」の様々な亡くなり方ーー。

ロングセラー『日本軍兵士』著者で一橋大学特任教授吉田裕先生に、戦争のリアルについて伺いました。
縦割りの国家システムが、当時悲惨な状態を生んだ。現在も似たような問題がありますね。特に日本の金融システムでは、経産省と金融庁の壁が、時代に合わない制度を作っています。

経産相管下のクレジットカードはIC化が必須だけれど、金融庁管下のデビットカードやプリペイドカードはIC対応しなくていい。金融サービスの安全性を確保するためには、両方ともIC化は必須でしょうに。

英霊のためにも、今の日本を抜本的に変える努力が必要だと痛感したレポートでした。
学部時代、日本現代史を専攻していたので吉田先生の著書は多く拝読していました。『日本軍兵士』は戸部良一氏他の『失敗の本質』とともに手元に置いておきたい本。失敗事例を通じて、組織論を考える機会となります。
この手の話をするときは、当時の世界地図や欧米の動きをしっかり理解したうえで議論すべきでしょうね。

1931年当時、国際連盟加盟国は43国。アジア・アフリカで独立国が今ほどなく、白人至上主義がグローバルで常識であり、世界地図が「ヨーロッパ地図」であった時代。日本の台湾と米国のフィリピンを通して、日米は近所の国。

当時、まだ拡張主義があった米国は、パリ不戦条約があるにも関わらず、対日経済制裁という手段を思いつき、1937年から経済制裁を単独で開始。日米の間で話し合いが続けられてきたが、1941年のABCD包囲網の石油の全面禁輸措置によって、日本の選択肢はほぼなくなった状態。当時は対抗手段がない状態では、話し合いできない時代。

また、海軍・陸軍の兵士たちは、戦争準備不足中でもなぜ戦ったのか、そこも重要です。アジアの人たちを開放する「八紘一宇」をめざして戦った人たちもいたことは事実。欧米のアジア人対数する横暴と理解した国民も多いはず。

戦後、石油が外交手段に使われると、対抗手段がないと知った人たちが、原子力発電の開発に心血が注いだことも事実。原子力発電はを減らすと、戦争のリスクが増えるのが日本。

第2次世界大戦の反省を踏まえると、戦略物資の確保、戦争を始めないための武力があるか、始まった後に兵士の犠牲が最小限で戦争に勝てるようにしておく、というのが通常でマクロな考え方。そもそも、補給線を考えなかった戦略のように、戦後の第2次世界大戦の考察をいろいろ見ていると、ミクロ的な考察になっていることに気づかされます。
特に台湾とフィリピンの間のバシー海峡は酷かったと聞きます。暗号を解読して待ち伏せる米海軍潜水艦に次から次へと沈められ、(日本の)"輸送船の墓場"と名付けられているようです。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バシー海峡

しかし、現在もこの海峡は日本の石油タンカーの航路で生命線の一つです。
https://www.idss.co.jp/tanker/know/report/no005/001.html

同時に中国の主張する第一列島線上にあり、人民解放軍が演習を繰り返している所でもあります。
縦割りの組織、精神論、客観的ではない主観的な判断、局所最適化、全体非最適化、国際社会情勢を見ずうち組織ばかりをみた判断

いくら効率化、組織最適化が叫ばれたとしても、この悪しき習慣は、今でも企業の経営層、政治家、官僚に残っていると実感します。
戦争は企業や組織の経営に大変有益な示唆を与えてくれます。
 この『日本軍兵士』は次に是非読みたいところですが、夏休みに私は鈴木博毅氏『「超」入門 失敗の本質』を読みました。示唆に富む書籍です。
 この本は、名著『失敗の本質』をベースに、日本軍の課題と日本企業の課題を重ね合わせて論じています。改めてガダルカナル島での戦いの経緯を読んでみると、軍の戦い方が企業の経営と重なるところが多いのに驚かされました。まず、組織としての戦いであり、常に状況は不確実で、部分的な情報しか得られない中で判断し行動しなければいけません。戦い方や技術の進歩が、戦況に影響を与えます。そして勝ち負けが冷徹に決まるのです。
 『「超」入門 失敗の本質』では、過去30年の日本企業の凋落をもたらした要因が、先の戦争中の旧日本軍の後半の戦いにも見られらことが分かりやすく綴られています。
この連載について
まるで預言者(プロフェット)のように、新しい時代のうねりをいち早く紹介するNewsPicksのインタビュー集。本質を見抜く視点を毎週つむいでゆくことで、ちょっと先の未来を覗こう。