新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
決して、新しくはないと思います。すでに我々が現場でも用いている技術であり、これから新しく始まるというわけではありません。国内企業が参画したこの種の薬剤が初めて用いられるという意味の新しさではないかと思います。

ちなみに、このような治療の最大の障壁は、入口の「がん細胞に薬を集める」というところです。がん細胞にだけあって、他の細胞には一切ない標識が見つかれば、このような薬剤は山ほど開発ができますが、多くの場合、がん細胞に多くあるが、他の細胞にも存在するので、他の正常な細胞まで攻撃してしまうことが懸念される、というところに終着してしまいます。

ホールゲノムシークエンス(全遺伝子解析)の時代に、そのような便利な標識がこれから見つかってくる可能性もありますが、特に固形癌ではこのような標識を見つけることに難渋しているのが現状です。
(引用)"光免疫療法の「対象疾患を広げていく」考え"

難しいと思います。この場合の"光"とは近赤外線を使用するようですが、可視光線と同様に体の深部の腫瘍には届きません。届かせる為には、麻酔して穴をあけないといけない。
たしか住重・ステラケミファはもう10年くらいはこの領域の研究開発をしていたと思う。加えて、ロームのSiC半導体がこういう領域でも使える可能性がある(エネルギー変換という観点だろう)というのは興味深い。

業績

住友重機械工業株式会社(すみともじゅうきかいこうぎょう、英文社名:Sumitomo Heavy Industries, Ltd.)は、住友グループの造船・各種製造装置や精密機械など最先端のメカトロニクス分野で世界中に展開する日本の代表的な総合重機企業で、住友グループ広報委員会にも参加する企業である。 ウィキペディア
時価総額
4,173 億円

業績