新着Pick
975Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
僕は隣で見ている側でしたが、すごく感じた事は、
・ちゃんと経営をする(数字に対する合理的判断だったり)
・健全な非常識を持つ(過去できなかったからという理由であきらめない)
という、至極真っ当な事を徹底すると、意外と過去にできなかったことがちゃんと出来るということ。

ITで強化したのではと思っている方、多いと思うのですが、むしろそれはこれからの話で、黒字化までは実は競争の厳しい世界で当たり前のことをちゃんとやるという事が重要なのだと思います。

逆に言えば、ほかのスポーツチームも実はかなりポテンシャルがあると思います。
いわゆるコアな野球ファンとして敢えて言わせていただくと、コアファンだって、サービスが充実したり、球場がキレイになったらもっとお金を落とします(笑)
DeNAになる前の横浜スタジアムは酷かった…。お手洗いやコンコースは決してキレイとは言えなかったし、欲しいものも、食べたいと思うものもなかった。
主食のシウマイ弁当は駅で買って、球場ではたまーに「みかん氷」を買うぐらい。立地が良いのにとても残念でした。

それが今や…食べたいものも、欲しいものもたくさんあってもう大変!
そもそもチケットが取りづらくなってなかなか行けなくなってしまいましたが、大好きな球場の1つです。
4年間も赤字だったとは知らなかった。これからわかることは、やはり売上が100億円を超えると黒字になる可能性が高まる、つまりプロ野球はコストが100億円程度かかるということだ。

横浜はそれまでやるべき事をほとんどやれていなかった球団だったので、パ・リーグ関係者からみると最初の数年の改革は難易度が高くなく(ファンクラブの整備など当たり前の事をしただけ)、正直何故あそこまでもてはやされるのかわからなかった。セ・リーグっていいなと思ったものだった。

ただ2016年の球場に対するTOBから後の改革はお見事。未来構想も含めて日本のスポーツビジネスの先端を走っている。立地に恵まれているからこそできるのか、他の都市でも同じことが可能なのか、そこは興味がある。
たとえ弱くても応援し続けたくなる仕掛け。イベントにし、グッズやビールも工夫。さらには地域を巻き込む。

マンションを建てるだけでなく街づくりも合わせて行う総合デベロッパー的発想です。
うちの娘も、小学校でベイスターズからキャップをもらったひとりで、いつの間にかベイファンになっていました。先日初めて横浜スタジアムにナイター観戦に連れて行きましたが、お気に入りの選手の名が書かれたタオルをかかげる大勢のファンの姿を見て、「自分も同じように応援したい」と早速購入。横浜市民としては、DeNAがオーナーになって以来、良い形での変化を実感します。チームも目に見えて強くなっているのも素晴らしい!
そう考えると、初年度から黒字化した #楽天イーグルス すごいなぁ!

今振り返ると、綺羅星のごとくオールスター経営陣だから、当然の結果だったのでしょうが。

やはり人に尽きる!
リーグ5、6位でありながら、毎年観客動員数を伸ばし、DeNAの買収後5年で黒字化を果たしたベイスターズ。今年は2位で優勝争いにがっつり絡んでいますが、「優勝候補じゃないと客が入らない」という思い込みに囚われない施策の数々が興味深いです。
ベイスターズ社長の岡村さんは、DeNA本体のCOOでもあります。DeNA全体が今後進むべき道についても垣間見ることができ、興味深いインタビューでした。
儲けようというビジネスの観点だけで始めるのではなく、地域に不可欠な価値を与えた結果として収益がついてくるというモデルでなければ、持続できないでしょう、このコメントにまさに共感します。
下記の「競合」についてのシニフィアンの記事と併せて。
ライトな層の取り込みというのは、まさに広義の競合の話だと思う。「狭義」は、ほかのプロ野球チームからどうファンを奪うかとか他のスポーツからどうファンを奪うか。一方でライトなファンは「広義」で、夜のエンタメ時間を、飲み会・レストランや映画・テーマパークなどと比べてどう取っていくかという話だと思う。
https://newspicks.com/news/4140371
社員向けに行っている健康施策を球場にいらっしゃるお客様にも提供したいと考え動いていますが、まだ実現できていません。

飲食物やシート、階段などできることは盛りだくさんなので、少しずつ進めていきたいと思っています。

なお、早稲田大学の研究で、野球観戦により以下健康効果が確認されています。

『高齢者がスタジアムまで出掛けて行きプロ野球を観戦することは、短期的にはリラックスや主観的幸福感の向上を、長期的には認知機能や抑うつ症状の改善をもたらし、プロ野球が高齢者のアクティブ・エイジングに貢献することが確認された。』
https://www.waseda.jp/top/news/65928