新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
海外のカントリーリスクや事業/市況リスクを出資も通じて取っていて(エクイティプレイヤー)、それが故にリターンの高い企業が上位に来ている印象です。

但し、日本の大企業は年功序列なので平均年齢が入っていないと比較が難しいと思います(単純に年収の高い人の割合が増えてしまっている可能性もあるため)

メガバンクの平均給与が入っていませんでしたが下記の記事を見つけました。

https://job-q.me/articles/148

以下、上記リンクより。
メガバンク(三菱東京UFJ、三井住友、みずほ)それぞれの年収比較

三菱東京UFJ 三井住友 みずほ
平均年収(百万円) 1061 810 738
平均勤続年数(年) 15.11 13.1 13.7
平均年齢(歳) 40.4 36.4 37.5

→海外勤務か国内勤務か、営業職か内部管理か、によっても給与水準にそこそこの差がつきます。

下記の人材不足の記事にもコメントしました。
https://newspicks.com/news/4103699/
本筋から逸れますが平均給与と出身大学の特集が多いのが日本の特徴だと思います。恐らく一旦入った会社から軌道修正が難しいゆえに、隣の景色が気にならざるを得ないという論点が潜んでいるのでしょうか・・・
それにしても、金融関係が全く入っていないのには隔世の感を抱きます。

私が就活生だった頃、金融業の給与の高さはダントツでした。

そのカラクリは、「護送船団方式」だったのです。

一番遅い船の速度に合わせて船団の速度を決めるがごとく、一番体力の弱い銀行が生き延びられるように金利等が決められていました。

これじゃあ、体力のある銀行は黙っていても儲かる訳ですよ。
今で言えば、メガバンクと地方の信用金庫が同じ条件で取引できる訳ですから。

商社の高給も、社員個人が支払うコストに比べるとそれほど高いとは思えません。
発展途上国で「道なき道」を開拓していき、命の危険にさらされ、子供の教育に悩まされ…その対価だとしたら決して高くはありません。

建設は、バブル崩壊後はゾンビと言われていました。
本来、倒産して死んでいる企業が、(政治的意図で)生き残っていると。

ひとつだけ変わらないことは、やはり大企業は年収が高いです。
学歴の賞味期限が就活までだとしても、大企業に入って窓際族になっても、(その企業が潰れない限り)分相応以上の給料がもらえています。

これからはどうなるかわかりませんが…。
同じ東京商工リサーチでも2016年度の調査結果と違い過ぎ。何か恣意性を感じる。
https://www.itmedia.co.jp/business/spv/1707/25/news094.html
調査では、16年度の全証券取引所の上場企業2172社を対象に、有価証券報告書の内容を分析した。

『東京商工リサーチの調べによると、2019年3月期決算の上場企業1841社の平均年間給与は629万円で、調査を開始した2010年3月期以降、9年連続での上昇となった。』
1,000万円を超えるビジネスモデルと、1,000万円を超える仕事は別。今の給与を別の会社にいってももらえるバリューがあるか。小売業のランクはゼロとのことなので、いつか入れるようにしていきたいものです。
会社で平均給与が比較できるほど社内で給与格差が少ないのは、日本のマクロ賃金が上がりにくいことの裏返しでしょう。
少なくともここに出ているようなグローバル企業は、平均給与で会社が比較できないほど社内で職種や成果による給与のバラツキが出るようになるべきでしょう。
このランキングに、女性管理職比率や、女性社員比率を入れると平均給与の実態が見えてきて面白いはずです。
少なくとも、小売業は、このランキングの上位にいる商社やゼネコンよりも女性活用は進んでいるはずです。
業種にかなり偏りがありますね。商社の強さはほんとすごい。建設業の業種トップはオリンピック後どうなるんだろうか。冷え込むと言われていたけど。
持株会社を除くと金融系が軒並み圏外になってしまうのかな?電通、博報堂もです
「2010年3月期決算から連続して比較可能な企業を対象(変則決算企業は除く)とし、持ち株会社は除いた」

この影響により、みなさんがコメントしてるあの会社やこの会社が抜けてるのだと思います。

M&A業界に身を置くものの肌感覚として、しばらくはM&A仲介会社の春が続く予感。
総合商社の給与は近年で更に上がっていますね。メガバンクを中心に金融機関がほとんどランクインしていないのは何故?
この連載について
ビジネス・経済に関する最新の話題を知るための、NewsPicks編集部オリジナルのランキング連載。
株式会社東京商工リサーチ(とうきょうしょうこうリサーチ、英文商号: TOKYO SHOKO RESEARCH, LTD. 略称: TSR)は、東京都千代田区に本社を置く国内第2位の信用調査会社である。 ウィキペディア

業績