新着Pick
358Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安倍首相の「悪夢のような民主党政権」という言葉に代表される「民主党政権よりはマシ」という趣旨の発言は正しいのか民主党政権時の2012年頃と比べ、この6年半を客観的なデータで比較。

●賃金  3.6%の減少
実質賃金指数:2012年=100 → 2018年=96.4

●消費  1割近く低下
世帯消費動向指数(実質):2012年=100 → 2018年=90.7

●雇用  新規雇用の7割(304万人)が非正規
役員を除く雇用者数:5,161万人(2012年) → 5,596万人(2018年)
うち非正規雇用:1,816万人 → 2,120万人(+304万人)

●企業の休廃業・解散数  過去最多、安倍政権で7割増
27,266件(2012年)→ 46,724件(2018年)

●経済成長  名目も実質も低迷
目標:名目3%程度、実質2%程度(10年間の平均)
結果:名目1.8%、実質1.2%(6年間の平均)

●物価上昇目標  2年で2%達成が6年経っても未達
目標:2015年度2% → 2018年度0.8%、2021年度1.6%

●年金支給額 9,436円の大幅引き下げ
230,940円(2012年度) → 221,504円(2019年度)
※夫婦2人分の標準的な厚生年金受給額

●生活保護  高齢者世帯は過去最多89.5万世帯
被保護世帯 158万世帯(2013年4月)→ 163万世帯(2019年4月)
内 高齢者世帯 70.9万世帯 → 89.5万世帯

●税収  消費税増税が支える「バブル期超え税収」
      1990年度   2018年度
税 収    60.1兆円 → 60.4兆円
内 消費税  4.6兆円 → 17.7兆円(+13.1兆円)
※税率3%→8%

所得税 26.0兆円 → 19.9兆円(▲6.1兆円)
法人税 18.4兆円 → 12.3兆円(▲6.1兆円)

●財政健全化  目標達成に失敗 先送り
目標:2020年度に基礎的財政収支を黒字化 → 2025年度に黒字化
結果:10.1兆円の赤字(2020年度)

●国の借金  210兆円増加、先進国最悪水準
公債残高:670兆円(2012年度)→ 883兆円(2018年度)

民主党政権は至らないところも多々あったが、客観的データで比較すれば現政権よりマシだという事は一目瞭然。
株価を入れない比較なんて、一目瞭然で説得力皆無ですね… 自身に都合の良い数字を並べて優位性を主張するのは悪手としか言いようがありません。そもそも時代背景が異なる新旧比較など意味がありませんので、前向きに政策を訴求して欲しい。

閑話休題。学術研究に限ってあえて付言しますと、最先端・次世代研究開発支援(NEXT)プログラムという300人を超える若手・女性研究者対象の助成金は民主党の発案によるもので、手前も採択され研究が著しく進展しましたので感謝しています。

当初予想どおりの穏当な結果ですが、2%の消費増税にこんなに政治コストを割いて良いものなのか、憲法の改正論議をはじめ、他に国政選挙にふさわしい論点がなかったのか、疑問が残りますね。

地方出身の大学生・大学院生では住民票を移しておらず投票が億劫になるケースが少なくなく、対策が望まれます。ネット投票は選管の監視もなく代理投票や強要などの不正の温床になるのでは。やはり豪州のような罰金制の導入かな?
気になって民主党政権時代の数字をいくつか調べてみた。

【雇用者数】2009年5501万人→2012年5530万人、うち正規3395万人→3345万人、非正規1727万人→1816万人
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/timeseries/html/g0208.html

【賃金】高齢者の再就職が増えていたりするので、実質賃金指数はミスリーディングだと思う。
下記は年代別の平均賃金を賃金構造基本統計調査から抽出したもの。20代・30代は増加が多く、40代も2009年→2012年よりは改善。50代前半だけがどちらかというとマイナス。
http://www.garbagenews.net/archives/2041428.html

【税収】2009年38.7兆円→2018年見込み59.9兆円。法人税6.4兆円→12.9兆円
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a03.htm
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_yosanzaisei20181221j-06-w390

個人的には民主党政権時代は米国の緩和圧力が効いている(何をやっても効果が打ち消されやすい)し、自民党になってからは緩和の正常化が効果を増幅させる効果を持っていたと考えている。全部を民主党が悪いとも自民党が良いと捉えるのもフェアではないと思っている。
でもデータで議論をする場合には、前提をしっかりと考慮する必要があると思う。そして定量とその根拠・説明の両面があって初めて理解できるもの。
政権単位でコントロールできない外部要因もあるし、政策は個々の立場によって何が良いかは変わる。自分は有権者全員に共通するどちらがよいかという結論は持ち合わせていない。だから結論については書かない。
先程投票に行ってきました。
それはそうとして、いつから今回の選挙の争点が「改憲是が非か」になったのでしょう?
「 安倍政治6年半に審判 」は間違い

「野党に対する審判」の方が正しい

* 見出しが「 安倍政治6年半に審判 」から「 改憲勢力 3分の2焦点 」に変えられたので追記

憲法は改正するべきだとは思うが今回の選挙の焦点が改憲だとは思わない

** 立憲民主党は放射能デマ拡散を党是としているので絶対に投票しない

立憲民主党から参院選に立候補予定のおしどりマコ、スイスやドイツでの悪質放射能デマ出前出張講演会の内容が再度明るみに
https://togetter.com/li/1281486

枝野幸男「いずれの候補も党の考えを体現する人たちだ」
https://togetter.com/li/1272215
全然話しは違いますが、アメリカについてです。
事実上の二大政党政治のアメリカですが、下院選挙はアメリカ国内の課題が焦点になり、上院選挙と大統領選挙は、最終的に外交方針が焦点になると、アメリカ人になった日本人の友達と話したことがあります。
アメリカ人は、一部を除いてびっくりするくらいアメリカのことしか考えていない人が多いですが(→海外に友達がいるアメリカ人はそうでない人達)、その人達に、アメリカの外交方針を考えてもらうのが、大統領選挙であり、上院選挙であると…
各論はともかく、総論では妙に納得しました。

では、日本の参議院の存在はなんなんだろう?と最近感じます。昔は、良識の府と呼ばれていませんでしたか?

最近では、憲法を勉強したこともないような芸能人がやたら出てきて、なんなんだろうと思います。

いっそのこと、首相ではなく大統領制にして対議会として、永田町の中にも牽制が働くようにしたら、私達は政治にメリハリを持って興味を持つことが出来るかもしれない…
など思いながら、そろそろ選挙に行くつもりです。
昨日フィリピンから帰国しました。選挙に行くためです。
1票で日本は変わります。ぜひ選挙に行きましょう。
2大政党制向きの小選挙区制にもかかわらず、多数政党が乱立し、死票が大きく出やすくなる衆議院選と比較し、中選挙区や全国比例になっている参院選は、自分自身が投じた票が死ににくくなります。それだけで選挙に行くべき、というわけではないですが、自分の一票によってもしかしたら政治が変わるかもしれない、と期待が持ちやすいルールになっています(政治学ではそれが野党の分裂の原因になっているという批判もあるのですが)。
というわけで、ぜひ投票へ!
投票した。

一部で、投票用紙の改竄のうわさがあったので、注意深く用紙をみた。

確かに、「普通」の紙ではなく、コーティングがされているシート風だった。ただ、消しゴムで完全に消すには、時間がかかった。力を入れ濃く書くと後が残る。

いずれにしても、投票用紙を使わない、電子投票化を急ぐべきだ。ただし、守秘と改竄に十分注意して。
投票用紙へ立候補者の名前を誤って書いても、特定できるレベルなら有効だそうです。

一方、誤記ではなく暗号と受け取れるような書き方をした場合は、見返り狙いの可能性ありと判断され無効となるそうです。

では、日本の将来のために、投票に行ってきます。