新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
総合内科専門医などと、私のプロフィールに書いてありますが、、、残念ながらこの資格と広く内科を診れることは何ら相関いたしません。(自分も持っている資格だから下げても良いですよね?)

もともと救急・総合診療を軸にしていて、田井さんがコメントされている福井県の寺沢先生・林先生の門戸を叩こうとしていた経緯などもあり、循環器内科医のくせに非常に守備範囲が広いのはウリなのですが、どちらかと言うと良い意味ではなく稀有で、業界的にはただの変な人です。不整脈専門で、集中治療好き、そして人工心臓から心不全緩和ケアまで手を出しているので、聞く人が聞いたらわかると思います。中途半端です。
そして、鼻腔内・耳孔内異物や頭部挫創などのマイナーエマージェンシーや、泌尿器科トラブル、画像診断など、かなり凸凹した知識と技術を習得しています。(いずれも各専門家には遠く及びませんが)

総合診療医としてきちんとトレーニングを受けた医師がもっともっともっと必要なのは現場の医師は痛感しており(現状は何かを専門としていた医師がたまたま総合内科を名乗っているだけ、というパターンもあります)、そもそもそのトレーニングを受けられる施設もかなり限られていることも問題ではあります。

そして、個人的には専門家として尖った能力を身につけるのは重要であるものの、医師という職業の特性上、十人十色の患者さんを相手にするので、もう少し総合的な基礎能力を持った専門家が増えてもよいのではないか、とは思っています。

山田さんのコメントのように、稀な疾患を探せることは1つの側面ではあり、腕の見せ所で医師として面白みのある所なのですが、そうではなくてマルチプロブレムの患者さんを全人的にケアできる医師でありたいと、私自身も思っています。



それにしても、生坂先生の勉強会に研修医の頃参加しましたが、上述の寺沢先生や林先生ともまた違った感じの総合力をもった先生で、本当に勉強させていただきました。
総合診療医の中には生坂先生や、他には酒見先生・岩田先生たちのように医療界で有名な先生方が何人かいらっしゃいますが、非常に稀な疾患すらも清書を確認することなく病態や必要な検査と治療を記憶しているスーパードクターが何人かいて、ほんと敵わないなぁと痛感させられることは、、、しばしばあります。私ももっともっと勉強します。
NHKのドクターGに端を発したこのようなメディアによる情報拡散が、総合診療医の存在と重要性の認知を助けてくださっていることに感謝しています。

我々総合診療医は、日本ではまだまだ未熟な専門職で、専門医が国に認められたのはまだ昨年のことです。このため、私自身も米国に渡り、免許を取り直してそれを勉強してきました。

一方で、「ドクターG」によって、総合診療医の意義を、まれな病気の診断を見事にあてる名探偵のように捕らえられてしまったことは残念でもありました。

私も大学病院で働いており、近隣の病院で診断がつかなかった患者さんの診断をすることも仕事の1つとしています。そして、そのような仕事だけならば日本に多くの人数が必要なわけではありません。

しかし、総合診療医にはそれ以上に大切な存在意義があります。例えば東京のような都会では、病気を5つも6つも抱えた高齢者が5つ6つの診療科にかかったり、様々な診療科にたらい回しになることを防ぐということです。ひとりの総合診療医は100点は出せなくとも、その患者さんの健康管理の司令塔になり、殆どの病気で80点を出して体調を整えることができます。開業医や病院にこのような医師が数多く必要なのです。

また、総合診療医の存在は専門科が撤退し「〇〇の病気は当院では診療できません」という状況の、地域医療の崩壊を支えることもできます。多岐にわたる病気を守備範囲とする医師として育てるため、診療を断る、ということがないのです。

日本ではまだ内科医全体の1割にも満たない状況ですが、米国では内科医の半数が総合内科医、総合診療医とも言われます。我々の世代から総合診療医の育成を進め、患者さんを迷子にしない安心の医療を提供できる環境が整備できればと思っています。
「日本医療機能評価機構によると、2018年のわが国の医療事故による死亡者は年間293人と報告されていますが、米国との比較では何百分の1です。日本の医療界の誤診率がそれほど低いとは考えられません。誤診に対するNo blame文化が醸成されていない日本では、隠された誤診が膨大な数に上るのではないか」

とありますが、まさにその通りだと思います。誤診した病気ほど、皆でしっかりと誤診にいたった経緯を分析し、今後同じよう過ちを繰り返さないように共有していくべきです。
循環器内科、消化器内科、消化器の中でも肝臓専門、肝臓のがん専門と縦割りの専門医制度の中で、横串でしっかり患者さん本人をみて、家族をみて、地域をみることができる医師が日本で育成されてきませんでした。特に高齢者でマルチプロブレムの患者さんが多くなる中、縦割りではなく、患者さんを横串でみて、整える総合医が必要とされています。

一方で、専門医制度という利権争いの中で、総合医を目指す若手は恐ろしく少ないです。年間200/9000人という少数。本来であれば数割いて欲しいところなのですが、、、利権争いに巻き込まれるのは本当に嫌です。
生坂先生の昔話は、今にもまして過去の日本の医療はひどかった、という歴史です(今なら三叉神経痛もStevens-Johnson症候群もさすがに分かる)。15年以上前は、医師は卒業後すぐに専門科に配属されていたので、広い知識をみにつける機会がなかったし、今のように何でも載っているネット教科書もありませんでした。

実際は臨床研修医制度が変わったこの15年で、医師の総合力は、以前と比べればかなり向上しています。自分の専門以外も学んでいるし、学習ツールが激変しているため(ググるとかSNSで友人に質問するとか)、診断力に加えて、分からないときには適切に他科に振れるようになってきていると思います。日本の医療は良くなっているんです。

さらに、この難病の診断という領域は、AIがもっとも得意としている領域です。これからは総合診療=珍しい病気を診断する、ではなく、「総合診療=AIなどを活用し、鳥瞰的に患者をとらえ、適切に治療をしていく(治療をしないを含む)」ことが求められます。問われるのはまさに人間力だと思います。
わたしは林寛之医師のハリセン持った救急問答のDVDで総合診療医に興味を持ちました(爆)
そしたら、福井に寺沢医師という人がいて。中村医師もいて。
この分野は地方でも北米型ERが早期に開設されてたりして興味深いです。
新着記事一覧
「良心の呵責もない」大ブーイングのなかで芸術的な決勝点を叩き出したネイマール。それでも周囲を納得させるには…【現地発】
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「どんな状況でもガンガン勝負していた」梅崎司が古巣・大分の地で思い出した「ガムシャラ」だった日々
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「まさに圧巻の“違い”」「ソン・モイスを激震させた」マジョルカ番記者が久保建英の鮮烈プレーを絶賛!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

「毎試合がアウェー」「僕のゴールを祝うはめに…」衝撃復帰弾のネイマール、罵声を浴びせたファンにチクり!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

乾貴士が2戦連続スタメンのエイバル、エスパニョールに逆転負けで今シーズン初勝利が遠く…
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

【横浜FC】ボランチでフル出場の中村俊輔。「まあまあ頑張ってんじゃん」と笑顔で自己評価
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

三好康児がベルギー初出場&初ゴール! 交代から5分で決勝弾の鮮烈デビューを飾る!!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

冨安健洋が右SBで3戦連続のフル出場!ボローニャは大逆転で両軍7ゴールの乱打戦を制す!
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

香川真司、貴重な勝ち越し弾となるシーズン2点目をゲット! 難敵に苦戦したサラゴサの勝利に大貢献
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks

ポルティモネンセ安西幸輝の初ゴールも実らず、ポルトがAT弾で劇的勝利! 中島翔哉は後半から出場も…
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks