新着Pick
179Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マンガやアニメの色塗りをAIに任せるという技術もありました。
効率を高めたいところと、効率よりも人間の好きや嫌いといった感性を重視したいところがあります。
どちらを選択していくか、あるいはどういうバランスとするのかは、それぞれのメディアや事業がどういう生き方をしたいのかによるはず。
これからはますます、好きとか、嫌いといった感情を持ち、表現できるかどうかが、大切になるでしょうね。
印刷業界は市場全体が縮小傾向にあるのみならず、紙のコスト高騰化の影響もあり、急速にデジタル化の波が押し寄せています。

DNPさんはデジタル化に積極的に取りくんでいる印象でして、
私が昔出向していたKaizen platform社とも資本業務提携を行い、
チラシコンテンツを動画広告化するサービスも始めています。
https://webtan.impress.co.jp/n/2019/03/04/32010

レイアウトのAI化は、人的リソースの効率化ですが、
こちらは、紙のチラシ自体の効果をデジタルで高めようという取り組みです
普通に雑誌のレイアウトにはコストをかけるべきところだと思います。優秀なデザイナーが張り付いてクオリティを上げる部分をカットしてもあんまり良いことはない。
一方でエンドユーザーごとに内容を書き換えるようなオンデマンド印刷DMなどでこの技術を利用するようなアプローチには将来性がありそうです。
どこにどう利用するのかという企画の部分は煮詰めたいですね。
この辺りは、Adobeには敵わない分野だと思います。AdobeはすでにExperience Cloudで、ユーザーのプロフィールに合わせて文面や写真、ビデオなどのクリエイティブを可変させ、一人一人に「刺さるメルマガ」を生成する技術を披露してきました。

自動レイアウトは、実はこれから重要な技術になるかもしれません。現在は紙の雑誌をデザインしてウェブに展開しますが、スマートフォンやタブレットなどのデバイスが主たる読書環境になると、紙とアプリ、ウェブそれぞれに自動最適化される仕組みが必要になります。
その雑誌らしさ、雑誌らしいレイアウトをスコア化。すごすぎる! 15年分の蓄積ってとこが気になりますが。15年前とらしいレイアウトも変わってそうだ。
学習データとなる元々のレイアウト作成センスがあってこそ、の仕組み化。ヒトしかできないことを磨いていけると、AIとの協働で更に面白いことができそうです。物真似、あるいは作業、だけの人は辛いかも、、
大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、英語: Dai Nippon Printing Co., Ltd.、略称DNP)は、世界最大規模の総合印刷会社。東京証券取引所一部上場。 ウィキペディア
時価総額
8,907 億円

業績