新着Pick

セルフレジ/60%が利用も、「まごまごしたくないから」利用しない

流通ニュース
ジャストシステムは6月19日、約60%の人がセルフレジの利用経験があるとの調査結果を発表した。 マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ […]
119Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見出しが微妙…60%が利用したことがあって、「まごまごしたくないから利用しない」のは一度も利用したことがない人の理由。この書き方だと利用を継続しない理由がまごまごしたくないから、かのように見える。
一度利用してどう感じるか(継続利用するか?どういう場合だったらレジより選好するか)が普及するかどうかのキーのように思うのだが、そこについての情報が欲しかった…
基本的にセルフレジを使う僕です。セルフレジのメリットは①利用者が少なくて順番待ちが早い。②「店員がスキャン→自分で袋詰め」よりも「スキャンしながら袋詰め」なので、効率が良い。
だと思います。

ライフでいつも利用しますが、コツは以下の通りです。(ライフの機械の場合)

①メインの吊るすタイプの袋とは別にあるトレイに、レジ袋を広げて置いておきます。
②缶ビールなどの重たいものは上のトレイ側にいれます。ある程度たまったらと持ち手をスッと上にあげたらいっちょあがり。
③メインの吊るすやつには、壊れにくいものからスキャンして入れていきます。できれば大きなものから。

こうすることで、最短ルートで全商品をスキャンできる。

効率化が大好きな通りすがりより。

それにしても「まごまごしたくない」というのは面白いですね。他人の視線を気にする日本人ならではでしょうか。初めてやったらまごまごするに決まってるんだから、気にしなくて良いじゃんと思いますが。とはいえそれも人間の感情。YouTuberとかニュース番組で解説動画が広まればまごまごしないかもしれませんね。
セルフレジを利用したことある人は約60%、60代でも44%とのこと。ネットアンケートの母集団なので実態よりも高く出るのでしょうが、意外と高い印象です。

使ったことのない人の理由で最も多いのは「まごまごしたくないから」が24%。他の理由は何だったのか気になりますが、実際は「何となく利用しない」「面倒くさい」みたいな非合理的な理由が多い気はします。

私もまごまごしたくないという理由で少し前まで避けていましたが、コンビニでは使うようになりました。一度使ってみればとても早くて簡単、という印象です。みなさんの大嫌いな「ポイントカードお持ちですか?」のやり取りもボタン一つで済みますし(笑)。というわけで最初のきっかけが大事かなぁと。

流行りのバーコード決済を見習って、セルフレジ決済だと割引とかポイント還元が増えるといったキャッシュバックをやると利用のきっかけになるかもしれませんね。または、レジ袋方式で、有人レジだと数円加算されるとか。(すでにやられているところがあるかもですが)
レジ前通行スピードが圧倒的に早くならないとですね。そうなるとRFIDタグや画像認証で、そもそもの脱レジ係の流れだと思いますが。
そうか!それならば、全セルフレジに、人を配置すればいいんだ!(違

→セルフレジを使わない理由:
「操作方法が分からなかった」「セルフレジの前で、まごまごしたくなかった」
株式会社ジャストシステム(英語: JustSystems Corporation)は東京都新宿区西新宿六丁目8番1号に東京本社(実際の本社機能)、徳島県徳島市川内町平石若松108番地4に徳島本社(登記上の本店)を置くソフトウェア開発会社。通称「ジャスト」。 ウィキペディア
時価総額
3,886 億円

業績