新着Pick
536Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクグループCOOマルセロの登壇内容。出来ることからの積み上げではなく、こうあるべき未来からの逆算で投資をしていっているのが分かる。そして、孫さんの割り切りも凄い!w


マサが今、情熱の3%を事業経営にを割いているといっても、実際にそこにはほとんど関わっていません。すでに投資した先でなく、その次を見ているのです。

だから私が「こう言った経営問題がある」と相談しても、マサは「そこは私の守備範囲ではない。君が解決策を見いだしてくれ」、「ソフトバンクの未来を決める仕事に専念させてくれ」という感じです(笑)。

つまり、投資先を見極めることに全ての時間を使いたい。マサは、まだ成功するのかわからない未知のビジネスモデルを持つ企業を探しているのです。
SVFの問題点は、これまで何度も指摘してきた。
(昨日のコメント→ https://newspicks.com/news/3904963/ )

しかし、とりあえず基本的かつ決定的な問題は、「SVFは、ファンド」だということだ。15年という期限の中で、投資家に最大のリターンを返すのがファンドの仕事であり、法的な義務でもある。投資先各社はSBGのものではなく、投資家のものなのである。そこを忘れてSBGとのシナジーとか、ましてや、投資家が異なる1号ファンドと2号ファンドのシナジーなどを囃すのは明らかに間違っている。
ソフトバンクグループ、マルセロCOOがイベントに急遽出演することが決まり登壇しました。
2メートル以上の長身ということで、見た目もかなりの存在感がある方でした。

ボリビアで携帯電話卸からのし上がったことが、同じくゼロから成功を掴んだ孫正義氏とよく重ね合わされ、2人がよく似ているという話を知りました。話し方も、豪快な感じで、大いなる勝負師の雰囲気を出しているところも2人が似ている所以なのかと感じました。 

内容は2号ファンドのこれからの投資先を占う上で、ソフトバンク、そしてマルセロ氏がどういった哲学を持っているかということですが、また10兆円規模のファンドが動くとなると、シリコンバレーのVC業界も再び大きく揺さぶられそうです。
ソフトバンクが南米出身のクラウレ、インド人のラジーブミスラの2トップ体制という事は、グローバル経済の今を象徴していて興味深い。

AI+5G=IoTとロボティクス、という説明の仕方はとても分かりやすい。
孫正義氏が時間のほとんどを将来の投資について費やしている、というところに、本当にそうなんだろうな、と思いました。実際の経営を任せられる人材を集めているところが本当に素晴らしいです。
人は自分でも知らないうちに自分に制限かけて安全運転をしてる。このリミッターをいかに切るか。僕にとってはそれは世界に目を向けて自分と同年代で活躍している人の軌跡を見てみることだった。

『ですから大切なのは、自分自身に「制限」をかけないことです。』
想像通りですね。PMIが重要であると様々な経営本には書いてありますが全く参考にならない笑
"マサが今、情熱の3%を事業経営にを割いているといっても、実際にそこにはほとんど関わっていません。すでに投資した先でなく、その次を見ているのです"
マルセロはとても賢明なので、これからも新TmobileやUber, WeWorkなどUS事業のさらなる成長を楽しみにしてます!南米ファンドも動きはじめてエキサイティングになるのではないかと勝手に予想してます。
20年後、30年後の社会をイメージして投資先を見つける。わかっているのだけど大型投資となると難しい。

まだ確立していない事業体への投資判断は、思い切り。経営トップの情熱を見極めることなのでしょうね。
優秀な人を雇いその守備範囲は任せ切る。それで自分は未来に集中。ソフトバンクの今も未来もこれであるのか『だから私が「こう言った経営問題がある」と相談しても、マサは「そこは私の守備範囲ではない。君が解決策を見いだしてくれ」、「ソフトバンクの未来を決める仕事に専念させてくれ」という感じです(笑)』
この連載について
ビジネスの話題に関する特別インタビュー
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
8.98 兆円

業績