新着Pick
404Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しみです。
どんどんインフラが整っていけばその分ビジネスチャンスも増える。特にこういうインフラ側のアップデートがある時はチャンス!
「高高度滞空型無人航空機」です.繰り返しニュースが出ています.例えば,以下.
https://newspicks.com/news/353744
そこでも書いたように,太陽電池によって電動無人航空機を長時間飛行させ続ける「ソーラープレーン」というアイデアはFacebook,Googleなど,いたるところで試験されてきましたが,太陽電池の効率がいま一つで実現できていません.わずかにエアバスが実現したと報じられているだけです.
Googleは,ソーラープレーンの実現性がないとみるや,気球で長時間の滞空を実現する「Project Loon」を子会社のloonで始めました.南米で実験を行っています.ただ,気球ですので風に流されます.日本は偏西風(ジェット気流)が強く,気球を滞空させるのはまず不可能です.
本ニュースで初めて知ったのですが,ソフトバンク(の子会社)はソーラープレーンの開発を行っていたのですね.なんという会社でしょう?情報を仕入れないと... 今後の展開が楽しみです.
ソフトバンクは、低軌道衛星通信のOneWebにも多額の投資をしています。国の範疇を越えた通信ネットワークを作る、という方向に見えます。
この領域でグローバルでの合従連衡が進む >ソフドバンクとアルファベットがHAPS(高高度疑似衛星)と呼ばれる成層圏に通信基地を設ける分野で提携。無人航空機は全長80メートル程度の大きさで、動力は太陽光で賄う。成層圏の一定のポイントに数カ月にわたってとどまって電波を飛ばす。
デマ級の噂話だけどソフトバンクが4gで繋がりやすさNo. 1を狙った時に基地局よりも機動的に設置できるソフトバンクWi-Fiを増やして積極的にオフロードしたとかしなかったとか。ただ高速な有線LANが来てないような場所には置けないのでSoftbankのSIMを指したWi-Fiルータが置いてあったとかなかったとか。意味ないように見えるけど何台かで1本の回線をシェアするからユーザにはデメリットしかないけど回線は空く。
広範囲になるのは素人での理解できますが、コストが安くなるというのがなかなか理解できないです。結局立地に寄っては電波阻害要因とかあって、地上の基地局に頼らざるを得ないケースが出てきそうですが。
でもまぁ、そもそも空に何かを常設するというだけで未来感があってワクワクします。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
10.1 兆円

業績