新着Pick
467Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ノキアは、
>わずか人口550万人の小国から、世界のイノベーションを担い続ける北欧の巨人。
ということですが、

わずか人口550万人だからこそ、以下の強みが出てくるのだと思います。

・スケールの強み
・真のダイバーシティ
・超効率主義


スケールの強みに関しては、まず人口550万の自国マーケットのみにフォーカスする発想がそもそも出てこないので、グローバルスケーラビリティを誰もが考える。人口550万だと東京都の人口(1385万人)の半分にも満たないので。日本でスタートアップが起業する時に、「ターゲットは世田谷区のみです」と言わないのと同様です。
「小国の危機感」が最初からグローバルにスケールできる事業を生み出すのです。


真のダイバーシティも同様。人口550万だと大企業が自国民だけで優秀な労働力を確保するのは不可能に近いです。すると男女はもちろん国籍すら関係なく優秀でカルチャーフィットする意欲的な人材をどんどん巻き込むという流れになる。

超効率主義も同様。同じ人口550万の国にシンガポールで「どうしてこんなに冷房が寒いくらいに効いているの」と私が質問したら「リー・クワンユー(シンガポールの初代首相)の指示だよ。暑いと頭が回らなくって生産性が落ちるから、冷房の温度も政策で決定されているんだ。」という回答をもらいました。それほど「生産性・効率」にこだわっている。


日本は人口1億2000万人、世界第3位の経済大国という「ハンパに大きい巨人(しかし、その上のアメリカ・中国には到底かなわない」であることが、この小国の危機感が産むグローバリズム、スケーラビリティ、ダイバーシティ、生産性に対して、「ぬるく」なる真因である気がしています。

ハンパな大きい巨人なので国内市場でそこそこ食えてしまうし、明日、危機が訪れるわけではないが、確実に小さくなっていく未来もわかっている。(人口減少による縮小)

つまり、「ゆでがえる(※)」状態なわけです。

※2匹のカエルを用意し、一方は熱湯に入れ、もう一方は緩やかに昇温する冷水に入れる。すると、前者は直ちに飛び跳ね脱出・生存するのに対し、後者は水温の上昇を知覚できずに死亡する、という例え
1. パートナーシップ (連携しやすさ)
2. グローバルでのスケーラビリティ (広げやすさ)
3. ダイバーシティ&インクルージョン (交わりやすさ)
4. 合理的な産学分担 (集中しやすさ)
5. フィンランドの雇用流動性 (辞めやすさ)

島国の日本企業には苦手な領域が多いですが、4&5は既に整って来たはず。1-3は意識してリスク取らないと変わらない。
隣の芝生が青く感じる記事。
アライアンス上手。ダイバーシティ。

お金に固執しない価値感は一定レベル生活を担保できている面はあるでしょう。でも、お金ではない豊かさを大切にできる人と仕事したいな。
人材の流動化は産業構造が変わるときに最も重要な社会インフラです。固定化されているとものすごくイノベーションが起きにくい
"国がサポートする前提があって、リストラが人材の流動性を高めているという側面もあるわけです。"
フィンランドの企業というとどうしてもNokiaが思い浮かび、本記事にもあるように元は製紙業だったのが、ゴムをやったり、一時は携帯で世界トップとなり、今は通信インフラにフォーカスという業態をどんどん変える意思決定が印象的。
その背景が伺え、また「リストラしやすい母国」という言葉が個人的には特に気になった。Nokiaはノルウェーのなかで規模が大きい企業だが、この意思決定や文化は一般的な感じなのか、それともNokia独特のものなのかという点が気になった。
弱みを知れば自然とオープンイノベーションかな「世界中で特許を取っていますが、実はノキアは、ずば抜けて技術力が高い会社というわけではありません。むしろそこに弱みがあるから、アライアンスを組む力、他国のパートナーを作る力がずば抜けていること、これがノキアの強みだと思います。」
本当に復活出来るかは、5Gの結果次第ですね。
VRカメラは一旦撤退しましたが、xR時代に向けて再度参入するのかも気になる。

『よみがえるノキアの栄光、北欧の巨大企業がめざす新天地(前編) -』
https://newspicks.com/news/2396961/body/

『よみがえるノキアの栄光、北欧の巨大企業がめざす新天地(後編) -』
https://newspicks.com/news/2396985/body/
フィンランドという、日本の1/20の人口の国で、リソースに制限がある中での企業・国の工夫は、本当に学ぶべきものがある。

・コア事業に特化してパートナーシップを重視
・事業の種を育てる大学等の役割が必要
・人材の流動性はセーフティネットとセットで実現する
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
ノキア(英語: Nokia Corporation、フィンランド語: Nokia Oyj)は、フィンランド・エスポーに本社を置く、通信インフラ施設・無線技術を中心とする開発ベンダー。現CEOは、Rajeev Suri。 ウィキペディア

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
105 兆円

業績