新着Pick
205Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分自身が若い頃からスモールチームで仕事を任されて覚えて急成長した経験があるマネジャーほど、若い人の可能性に賭けることができると思います。
さまざまな会社の採用を手伝う中で、若い人への期待・賭けの大きさは差がすごく出るなと思っています。それは主に創業者やマネジメントの経験に依存します。
マリッサはAPMの生みの親であり、APMたちは彼女の翼の内に抱かれていました。しかし彼らは庇護が必要な雛ではなかった。僕たち広告営業にいた人間は彼らをGoogleの未来だと思っていました。一方で、APMに日本人が殆どいないことがとても寂しかった記憶があります。Z世代になって状況が変わっていると良いのですが、どうなんだろう?
Googleだって普通の企業のようにビジネスライクに考える人はいる。違いはそれに怒って突っ走る人と環境があるかかな「なんとも言えないな。とにかく収入をもたらせば、手伝ってくれる人を手配する」私は怒り狂って、「わかった、それなら賭けをしましょう」と持ちかけました。」
これはとても勉強になる目安。
「分野にもよりますが、私たちの経験では、8~12人のエンジニアに対して、プロダクトマネジャー1人くらいの比率が最適だと思います。」
新卒採用が結局は強いという話は20年前からあるものの、組織が小さいうちに多数を新卒採用でのチーム作りを実行するのは度胸がいるし難しいですよね。。。
若手を育てることの重要性がわかるレポートです。
優秀な人材には魅力的な機会が重要だなと。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。