新着Pick

米エヌビディア、メラノックスを68億ドルで買収へ データセンター分野強化

Reuters
[11日 ロイター] - 米半導体メーカーのエヌビディア<NVDA.O>は11日、イスラエルの半導体設計会社メラノックス・テクノロジーズ<MLNX.O>を現金68億ドルで買収すると発表した。買収によって、エヌビディアはデータセンター向け半導体事業を強化する。
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プレスリリースが出ています。
https://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-to-acquire-mellanox-for-6-9-billion
プレゼン資料はこちらです。
https://s22.q4cdn.com/364334381/files/doc_presentations/2019/03/NVIDIA-to-Acquire-Mellanox.pdf
詳しい方にお任せしたいと思いますが、NVDAとしてはゲーム関連などの依存度を下げ、市場の拡大とデータ量の拡大および処理速度の向上がさらに求められるデータセンター向けのソリューションを提供する方針のようで、妥当な動きだと思います。非買収先のMLNXの株価は前週末比+8.4%、一方買い手であるNVDAの株価も前週末比+4.4%といずれも上昇しているところが面白いです。ちなみにMLNXの株価は$118.61で買収価格の$125を下回っていますが、時間があるときに調べてみたいと思います。
IBM の世界最速スーパーコンピューター Summit に使われている interconnect が Mellanox

https://www.top500.org/system/179397
高速ネットワークスイッチで、もともとは
スーパーコンピュータ、今は動画配信など
高速なネットワークスイッチを必要とする
データセンターで伸びてきた会社ですね。

良い会社だと思います。
クラウドでもう一つ大切なのは、電力消費
を抑える事です。電力消費が課題のエヌビディア
こちらには、何か手を打ってくるのかが
気になります。
スパコンのインターコネクト技術の雄、昨年からMicrosoft、インテルが買収に名乗りを上げて価値が上がり、60億ドルでインテルに買われるかと思いきや、第三勢力のNvidiaがさらっていった

ライバルに買われるのをよしとしなかったか
買収は囲い込みにも使われる作戦だから
スパコン、データセンターチップ市場における、インテル vs Nvidiaの構図を見た
NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
時価総額
11.9 兆円

業績