新着Pick
160Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
民営化委員会へ、2002年に国交省の提出した交通需要統計は右肩上がりだった。高速道路をどんどん作るための根拠のつもりである。 2006年から人口減少が予測されているのに、交通需要が増えるわけがない。その統計の誤りを指摘しながら、近未来のビジョンに思い巡らせていた。
信じられないことかもしれないが、人口減少は予測されていたのに一顧だにされなかった。

江戸時代は当初、元禄時代までの100年間は人口倍増の高度成長の時代だったが、以後の260年間は人口が止まった。西日本では少し増えたが、関東周辺は、江戸のバキューム現象で江戸には人口は集まるが、周辺は人口減少が始まっていた。
そこで金次郎が何をしたのか、確認しておく必要があった。一次資料にあたって金次郎への先入観を取り払い、その実際の業績から現代は何を汲み取ることができるか。ある程度、見えてきた。
何よりも、金次郎に出会ったのは、孤立しながら時代を超えて対話する相手を見つけるためであった。

追記 金次郎が歩きスマホのように本を読みながら歩く姿について。

①明治時代に翻訳されたジョン・バンヤン著『天路歴程』に、荷物を背負って聖書を読む人物の挿絵があり、幸田露伴が『二宮尊徳翁』を書いた際にその挿絵がヒントにされたとする説があります。
そういう絵は確かに後から作られたとしても、僕が従来型の根性や親孝行などの視点でなく、なぜ資金を集めることができたのかという関心から、実際に柴・薪をビジネスにして金次郎は元手をつくったと史料で確かめることができました。

②金次郎は読書家で寸暇を惜しんで書物に親しみました。ただビジネスをするのでなく、リベラルアーツを基本に「新製品」を考えたと思います。

③本を読んでいる姿、情報を重視せよ、という姿勢でもあると思います。
なぜなら金次郎は、東海道の宿場町でもあり11万石の城下町でもあった当時の大都会小田原でビジネスを展開します。都会は知らない人同士がめぐり合う場所で情報の集積地です。金次郎は、床屋と風呂屋で友達をつくり、その情報をヒントに起業していきました。
昔から同じことをやっている。
人口減少と低成長の時代に金次郎のマインドは、今の日本人にとって大いに参考になる。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。