新着Pick
1055Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年ほど前から接触をしていた、素材ベンチャー企業TBM。石灰石(LIME)でつくるストーンペーパー「LIMEX」に始まり、いまやプラスチックの代替まで行おうとしています。

石灰石の調達問題、あるいはマテリアル技術的な部分はさることながら、「石」に魅了された一人の男、すなわち山﨑社長の横顔と起業ドラマにフォーカスしてお届けします。

プラスチックの150年物語、そして今直面する脱プラ問題については、本日公開の記事を併せてぜひ御覧ください。
僕がTBMを知ったのは、研究者としての情報収集、とかではなくて、2016年のカンブリア宮殿でした。spiberと一緒に特集されて、「超面白い素材の会社が2社も!」とワクワクする番組でした。

LIMEXは、石灰石(炭酸カルシウム)を、バインダーとなる有機化合物と一緒に、適切に混合して加工することで作られています。炭酸カルシウムに着目したところが面白いんです。

実は、炭酸カルシウムと、有機化合物を混ぜて、材料をつくる、というのは自然界でもやられていることで、もともと相性がいいから、理にかなっている選択、と言えます。ただ、その自然界の材料の代表は、貝殻です。ガッチガチに硬い材料。
古くから自然界の材料をモデルにして、材料を作ろう、という研究は行われていますが、普通は、その機能をいかに人工的に模倣するか、という視点にたった研究です。つまり、貝殻をモデルにするなら、硬い材料を作りたくなる。でも、LIMEXは、資源問題に着目して、紙のようなペラペラのものを作る、という発想に至ることや、技術的にそれを解決してしまった所に、面白さを感じます。(LIMEXの開発者の方が貝をモデルにされたかどうかは、明記されていませんが、化学屋としては、知らずにやった、ということはないと思うので、こんな書き方しちゃいました…)

(あと、特集に水を指したくないから小声で言いますが、バインダー(=プラスチック)が必要、という意味では、プラスチック代替、という文脈でLIMEXのよさを語るのは、少し怖さもあります。もちろん、プラスチックの使用量を減らせるというメリットはあるので、代替しているのは確かなんですが、ゼロにできるわけでは、ないので、そこは押さえた上で、お祭り騒ぎをしたいところです。もちろん、TBM社もそこは認識されているから、HPには石灰石の割合とか、バインダーを減らす努力をしていることが書かれています。)

応援しているベンチャーの一つです!
聞いたことのある素材ですが、影にこんな苦労話があったとは...
実績もほぼ無い中でこれほど巨額の工場建設資金を集められたのは奇跡的ですね。途中の資金繰りも想像を絶するものだったでしょうけども、完工までこぎつけた根性に感動です。

物は無機物(石灰)と熱可塑性樹脂が半々のハイブリッド素材のようですね。
https://tb-m.com/limex/about/
もう少しマニアックな製品で全組成の7、8割以上が無機物でできたものあるので、LIMEXだけが唯一の無機製品という訳でもないのですが、紙のような汎用性のある製品形態で量産加工できる無機リッチな素材というのは確かに珍しいものです。
印刷業者と組むと面白い展開ができそうです。ポスターに商業写真印刷、文房具など、機能性紙が求められる用途はまだまだかなりありますから。
LIMEXじゃないと絶対ダメ、というくらいのキラーアプリが出てくるのを楽しみにしています。

出資者以外の印刷業社では下記のようなところが出てきました。
サンエー印刷社
http://www.sap1.jp/business/limex/#ttl4

前にNPでも取り上げられていた、ブランド服のネームタグを付け替えて再販する「Rename」でも、タグに採用されている様子。
https://www.google.co.jp/amp/s/prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000007.000030109.html
おお!LIMEXシートの若干の作製方法がホームページに載っていて感動。炭酸カルシウムと熱可塑性樹脂の複合材料なのですね!「石」をペーパーのように扱えると,ハッと唸らせるインパクトとその波及効果がスバラシイですね!特許や論文がもっと知りたい。

>>>炭酸カルシウムと熱可塑性樹脂の混合物をシート状に押出し、それをロールの力で引き延ばして(延伸して)基材を製造します。さらに印刷方式に応じた塗工剤を表面にコーティングし、印刷適性を高めると共に、紙粉の発生を防止しています。
https://tb-m.com/limex/products/
ストーンペーパー、本の素材のバリエーションとして検討したことがあります。
その時は、本の部材としては再生処理が難しく、実現しませんでした。
ですが、プラスチックの代替可能性は高そうですし、市場も大きそうです。


以下の記事によると、「プラスチックの世界市場は年間100兆円を超えるほどのビッグマーケット」だとか。
https://www.japandesign.ne.jp/interview/limex-1/
山﨑さんの人生も、石灰石のストーリーもすべてがおもしろい!
事業の魅力や素材の力を感じたのはもちろん、30歳転機話を読んで、あらためて若いうちからの挑戦と行動の重要性を感じ、パワーをもらいました
私も「ガイアの夜明け」でこのLIMEXを知り、強い印象を受けました。今日のインタビューも面白い!!こういう会社を個人でもサポートできる仕組みがあれば、資金調達ももっと変わると思うんです。もっとアーリーステージに近いタイミングのクラウドファンディング。
ところで、ストーンペーパーは、プラスティック規制の対象外なのは分かりますが、環境への負荷はないのでしょうか??自然に分解されるのでしょうか?そこが気になりました。
なんかインタビューから感じるたたき上げ感が違う。背負ってるものとか覚悟とか。文章から感じるテンポや重みがだんじり祭りのそれっぽいですね
塗炭の苦しみを経た人は、すごいパワーを手に入れることができる。山崎社長はストーンパワーを手に入れました。プラスチックの時代から、ナチュラルで優しい新石器時代へ。
長らく紙業界を担当してきましたが、以前から業界関係者が注目する素材ベンチャー。まさかNEWSPICKSで記事が読めるとは、思いもしませんでした
この連載について
石の武器、鉄の鍬、紙や磁石などの記録媒体ーー。時代が求める優れた新素材の誕生は、文明を次のステージへ飛躍させてきた。そして今、自然界に類を見ない人工材料を開発する最先端では、いかなる新素材が生まれようとしているのか。未来を読み解くヒントとなる、新素材の世界へ誘おう。