新着Pick
254Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プレスリリースはこちら。
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190207_2/

顕微鏡レベルの自己修復はよく聞きますが、数分でここまではっきりと修復できるのはすごいです。

「今回開発したポリマーは簡便に合成可能であり、置換基の適切な選択によって熱物性および機械物性を制御できることから、さまざまな環境で自己修復可能でかつ実用性の高い新規機能性材料の開発に大きく貢献すると期待できます」と、応用をかなり意識した研究ですね。

研究予算は何かと話題になるImPACT。こういうのが一つ出るだけで十分合格点です。
面白い!
切断していなくても、同じ素材を近づければ同様にくっつきそう。そういう意味では、このゴム素材+表面加工(表面加工している部分にはくっつかない)みたいな組み合わせで応用を探していく感じか。あとは、元通りになる=元の形から壊れるのも簡単だと思うので、そこのバランスが重要そう。
どんな応用ができるか楽しみ!
マテリアル化学(科学)は多領域の横断・融合領域なので、総じて日本が強いかどうかさも知らず、触媒材料などの特定領域で日本の活躍は目立ちます。このポリマーの物質も元々日本の得意分野なのだろうか?
面白い研究開発ですね。これでまた一歩、生身の人間に近いアンドロイドに近づけたと感じます。
割れても戻るガラスなども研究されていますが、これは水素結合やイオン間の相互作用ではないため、水があっても大丈夫とのこと。

実用化が楽しみです。