新着Pick
2169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回インタビューして頂きました。色々な会社で休職者、高ストレス者などについて、「何がストレスだったんでしょうか?」とよく聞かれます。この時減給だとか、転勤だとか、分かりやすい理由は可視化されやすく説明も容易なんですが、引越しで通勤時間が25分増え乗り換えも一回増えた事などは話題にならず、考慮もされにくい傾向があります。

ただこういう日常の小さなストレスの積み重ねがボディブローのように影響し、仕事での大きなストレスがかかった場合の状態に影響を及ぼす例を何度も見てきました。アスリートや起業家の方にはこの辺りに自覚的なのか日常のストレスはなるべく少なくしておこうという姿勢を感じる人が多い印象です。移動手段も満員電車よりタクシーのがそりゃストレスは少ないに決まってますし、飛行機でもエコノミーよりビジネスのが快適なのは言うまでもありませんが、いずれも値段がそれなりに張ります。今回のシートはエコノミー価格で広くなったとの事ですので現実的な選択肢としてありなんじゃないかなと思いました。189cmの阿部寛さんでも大丈夫そうですし(笑)。


追記
箕輪さんの場合、過労な気がします。常にSNSをはじめ「接続」してる状態に見えますので‥。一生の間に何度もない今が踏ん張り時との判断でしょうが、身体がサインを出し始めたらギアチェンジの考え時かと。
みんな大好きプロピッカー・大室先生に、実は初めて取材させていただきました。
番組やイベントでNewsPicksではすっかり「司会者」になってますが、先生、やっぱりお医者さんだったんですね(笑)

では、記事の話を。
私自身に関していえば、海外出張の機会は年に2〜3回しかないのですが、それでも移動後すぐ取材だったりすると、「寝てただけなのになんでこんなに疲れてるんだろう……」と毎回思います。
なんなら新幹線移動でも疲れてしまい、「取材(仕事)したのは1時間だけなのにな……」と自分にガッカリすることも。
私のこんな感覚に共感してくださる方、ぜひ読んでみてください。
海外出張時の「自己流メンテナンス」がある方は、ぜひコメントで共有していただきたいです。
まさに仕事のウラで日々向き合ってるテーマだったので、面白かった!

交感神経が強く出るなどの自律神経の乱れは、体質的な要因も大きいと感じます。女性に多いみたいなことも言われたりしてますが(男女差あるのか、詳しくは知らないです)
私はまさにそれで、仕事で決断や緊張のタイミングが多いのか、自律神経が乱れて体調に現れます。

気持ちは本当に元気でストレス自覚がないからこそ、何が理由でどうすれば軽減されるか分からなかった時期も。

今は自分なりの“抜き方”を覚えました!
服やメニューを選ぶような、自分にとって優先度の低い選択で手抜きをしたり、ピラティスに通ったり。
これが基本水位を下げるということ。

またカラダをメンテする意味では、カイロプラクティックでゆがみの矯正をすることが抜群に効きました。個人によると思いますか、私は針とかよりも継続性があると感じます。
基本水位を下げるだけで疲労感を払拭できない人には、オススメ!
知らない間の「脳疲労」が蓄積しないように、いかに必要のないストレスを排除するかは大切だな、実行せねば!と思いました。

AD時代は、裁量ゼロ生活だったため(当時ね!今は変わってきてます)とにかく会社(@神谷町)に走っていける距離(赤羽橋)に住んでおりました。着替えられない&NOシャワー生活は、高ストレスの為、1時間でもあればスッキリ生活を初任給に変えて大切にしてました。現在は結婚もして、のびのびとした間取りが良いため、やや離れたのですが、朝のベトナムの交差点みたいな永田町駅が脳疲労を蓄積する要因となっております…。

通信手段によるストレスもあり、昨今あるメールか電話か議論ですが、これもAD時代のPTSDなのか(今は、変わってます!!念押し)電話があると、自動的に「こわい!」と思ってしまう問題があります。なので、口では言いませんができるだけメールかLINE(slack文化はテレビにはまだない…)キャラを認知させようと日々努力中です。

阿部寛さん実物見たことありますが、とてもBIGでらっしゃるので、私が乗ればファーストクラス気分かも。ということで、機会あればこちらのシート試したいと思います!
大室さんの話はいつも通り面白いが、疲労の話から、飛行機のシートの話につなげる流れ、逆に言えば飛行機のシートの話から逆算してこのような記事に仕立てる企画力に感服です。色々見る中でもかなり秀逸な広告へのスムーズなつなぎこみ。あっぱれ
病院において患者さんの治療を考えたとき、採血やレントゲンなど各種検査オーダーを立て、診察や検査結果などから更なる検査、内服、点滴、リハビリ、食事、場合によっては手術や、自宅に退院できそうにないときには各種施設への転院指示など、医師はあらゆる医療行為の出発点になります。そんな風なので、医師はいつも忙しく、また、病院内における医師の行為はいろいろと優先されます。(←医師が立場的に偉いと勘違いする理由。)

ここから、医師は自分のデイリーハッスルを軽減するために、周りの人たちのデイリーハッスルを上げていることが多分にあると感じています。自戒を含めて。(病院で働く人たちからはきっと賛同を得られると思います。。。)

疲労感のマネジメントはとても大切。病院という舞台で考えれば、仕事の最大の喜びは「患者さんが元気になって、それを本人・家族が喜び、サポートしてきた全スタッフに感謝してくれること」だと思います。その当たり前のゴールを忘れずに共有して毎日働ければ、今感じている疲労感の多くは上手くマネジメント出来ると真面目に思うのです。それが実現する職場作りが何より大切だと。

追記)大室先生、やっぱりドクターでしたね(笑)
疲労感の対処としてマインドフルネス・瞑想が静かに流行していると思います。マインドフルネスとは、ある書籍によると要するに、未来を憂うでも、過去を振り返るでもなく、今ここ一点の呼吸と己に集中し、脳をリフレッシュすることのようです。
私が実践し、かつオススメしたい誰にでもできるマインドフルネスは、室温90度の密室で流れるテレビをただただ見流し、14度の水風呂で呼吸に集中し、外気で己の体温の上昇を感じるとこと。そう、サウナです!これこそ現代日本における最も簡単なマインドフルネスだと思います。
確かに、会議一つとっても”めちゃくちゃ盛り上がって素晴らしいアイディアが生まれた最高の会議のファシリテーター”をやる時は疲労で、”欠席が許されない会議で低レベルな会話が展開されるのを見守る”時は疲労感なのか。疲労感を取り除く方法は自分でしか分からないかもしれないけど、気づきにくいことかもしれないので、福利厚生でカウンセリングなどやっても良さそうですね。

で、最後の広告につなげるクダリはちょっと強引かと(苦笑)
パフォーマンスを出すために我々が減らすべきなのは「必要なストレス」ではなく「無駄なストレス」。

ストレスとうまく付き合うことがストレスマネジメントの第一歩ですね。

それにしても大室さん、持っていき方うまいなぁ笑
ストレスの基本水位の高低は自己肯定感で決まるというのもある。自分が有能で、物事に対処できると予見している人とそうではない人とのストレスは全然違う。

帰りの電車でドッと疲れを感じる場合、自分の自己肯定感は低いのかも、と考えてもいいのではないかなと思う。

自己肯定感が高い人は、帰りの電車で疲れは感じても、まだまだ勉強したり自己投資したりする余力が残っている。一方で、日々を凌ぐのに精一杯の人は、その余力が残されていない。そして、その差は開いていく一方。

そういう意味で、自己肯定感は、人生に起こる物事の対処のスタンスという意味で、人のOSとなる重要なファクターだと思う。
この連載について
新着記事一覧
「机を片付けないモンスター新人」に仰天 散らかし放題、片付けずにヒョイと隣席へ - キャリコネニュース
BLOGOS - 最新記事
2Picks

フリーランスになったきっかけは? 一番苦労したことは何?
ITmedia ビジネスオンライン
3Picks

座りっぱなしは死亡リスクが40%高まる? 正しい姿勢でも長時間はNG
ライフハッカー[日本版]
2Picks

Proxima Beta、『マナシスリフレイン』の事前登録者数が5万人を突破 「セラフィーナ」役の石見舞菜香さんのインタビュー動画を公開
Social Game Info
3Picks

「欲しい商品」を手に入れるため、何店舗探してみる? 「4~5店舗」は12.4%
ITmedia ビジネスオンライン
2Picks

秀吉の遺影を「宇宙」へ 地球上のどこからでも参拝できます 人工衛星の「寺院」計画
京都新聞
2Picks

前例のない少子高齢化時代には新しい家族像が求められる- 「賢人論。」第147回(後編)永松茂久氏 - みんなの介護
BLOGOS - 最新記事
2Picks

「1億円では全く足りない」40歳で早期リタイアするには本当はいくら必要か - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
2Picks

“超節約”で『FIRE』実現も…越えた先に思わぬ壁 達成者が伝えたい注意点 - ABEMA TIMES
BLOGOS - 最新記事
3Picks

入社2年目で新卒採用担当に。若手でも安心して挑戦でき、さまざまな場数を踏める環境
talentbook
3Picks