新着Pick
247Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事業的には中途半端だったので、純粋に経営判断でしょう。

1. そもそも風力発電事業は各社猛烈な価格競争で、有力メーカーでも利益率は一桁前半
2. 一方で大型化、効率化への開発競争も激しく、世界の風況に応じたモデルが要求される
3. 今後の有望市場は洋上風力だが、そこは三菱ヴエスタスとシーメンスの独断場
4. 陸上風力でも中国並みの市場があれば規模で食えるが、日本国内だけでは台数が出ないので食えない
5. 上記の1〜2をカバーする事は、世界市場で数を売る事だが、そこで3〜4で勝てる要素が要求される

沢山理由を書きましたが、それにより撤退判断は納得できます。
プレスリリースにあったエネルコンは元々子会社が扱っていたもの。
太陽光発電も風力発電も、製造業の部分で国際競争力を維持していくのは難しかったですね。
数年前は、風力発電は太陽光よりも部品点数も多く、素材の強度なども求められるので先進国の技術優位がまだ保たれるーなんてことも聞かれましたが、藤田プロがコメントされている通り、熾烈な価格競争に加えて、少なくとも日本の陸上風力はそれほど風況等から考えてもそれほどのポテンシャルが無くスケールメリット出しづらかったこと、洋上風力の市場に食い込むのは難しかったことから撤退の判断になったのだと思います。
日立さんのプレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/01/0125.html
陸上風車は、国内メーカがなくなってしまいましたね。もともと、三菱重工業が大変いい技術をもっていたのですが、GEに訴訟され、撤退したなどの苦い歴史があります。洋上では、三菱重工業がVESTASと合弁事業をやっているというのはありますが。太陽光とともに、風力もおおいに可能性のあるエネルギー資源、GE、もシーメンスも風力に大きく力をいれています。太陽光パネルで中国メーカーに価格で勝てないいま、再生可能エネルギー技術でどう日本がポジショニングをとっていくかが大事だと思います。ESS 蓄電池とIOTなどIT技術で何か先駆的モデルをつくれると嬉しいのですが
以前のIR説明会では、風力発電は急に頑張るとか、言っていたが

何か違和感、事実ならスクープだろうが
(追記)
ここである提携先のネルコン社との連携を強化し日立は風力発電の運用などのサービス事業をLumadaを絡めて展開する意向のようです。
https://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/01/0125.html?fbclid=IwAR3krEZl-xSrI2Q8_BdAd-b09gzcvV_WQgQDyS7qigy-v_DVQx7fJrJWOQE

(元のコメント)
ちなみに三菱重工はデンマークのヴェスタス社と50:50の資本比率で洋上風力発電設備専業の合弁会社MHI VESTAS OFFSHORE WIND A/Sを持っており、事業計画上は拡大志向に見えます。
「風力発電機を生産する国内企業はなくなる」
業界的には大きなニュースですね。
風力発電はオワコン

撤退は当然

- 風力発電の設備利用率は 20~30%

- ビル・ゲイツ「太陽光や風力といった間欠的なエネルギー源は陽が差さない時や風が吹かない時でもエネルギーを十分蓄えられるような格安の電池が近い将来に実用化されることはない」 https://www.jaif.or.jp/190108-a

- 台風で風力発電所が倒壊
https://www.kobe-np.co.jp/news/awaji/201808/0011574184.shtml

「環境や風景、健康を守るため風力発電を見直してほしい」
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201802/20180223_43033.html