新着Pick
817Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『ニッポン2021〜2050』落合陽一・猪瀬直樹 は読みやすい本ですから、ご覧になってください。
また1月6日16時〜18時 紀伊國屋ホールでシンポをやります。残席僅少、あと10席ぐらい、まだギリギリ間に合います。
2025年までに、日本社会をいかにハード中心からソフト中心にするかというビジョンに共感します。
 私が関係している分野でいえば防災ですが、「耐震・避難所」「備蓄(モノ)」など見事にハード中心のパラダイムが続いています。しかし、現状は被災した方がどこで何に困っているか自体を把握できていませんし、避難情報を政府・自治体・民間で共有することもできておらず、また全国の支援も有効につながっていません。防災におけるソフトパラダイムをいかに確立するかが喫緊の課題です。
 防災に限らず、まさにありとあらゆる分野でソフト中心の社会像をデザインすることが求められています。
次の50年に可能性しか感じない。真の開国が始まっていくと思う。一方で社会保障費の問題は人口がバランスするまで日本は耐え忍ぶしかない。経済の成長だけではとても追いつきカバーすることはできない。成熟国へのソフトランディングを目指すべき50年になるのだろうな。大人の国になろう。
記事だ
テクノロジーに規定された生き方から、テクノロジーによって解放される生き方に、この7年間で大きく変わらなければいけない。

そうでないと、資本主義の理論の中であらゆる職種の人が、テクノロじーに規定された仕事によって燃え尽きてしまう。

テクノロジーと人間の融合について、よくまとまってる『人間+マシン AI時代の8つの融合スキル』をご参照。
https://www.amazon.co.jp/HUMAN-MACHINE-人間-マシン-AI時代の8つの融合スキル/dp/4492762469
2020東京五輪、とくに2025大阪万博をマイルストーンとして、今後50年の日本のカタチを決めていくタイムリミットだとお二人が訴えます。国が何をやるかではなく、自分が何をやるか。この年初にぜひ考えたいです。
大阪万博で課題先進国としての日本がその解決策を見せるべきというお二方のお話はまさに。ここでしっかり日本という国がどう先進国に先んじて、解決策を前向きに見せられるか。地元に帰る度に思うけど、個人的には大分県別府市という都市には、課題解決に向けたポテンシャルやヒントはあると思う。
動画見たんですが、結局日本という国がイノベーションのジレンマに陥っているなと強く再認識しました。人が高齢化してて、その人たちが有権者なんで行政も変えにくい。

ということで、人物金のうち最も動かしやすい金だけでも成長エリアに投資すべきだと思って日々がんばっております。
「「テクノロジーが実装されたことによって生活をどう取り戻すか」という未来のビジョンを描くことです。」

生活を取り戻す。とても共感できるコンセプトです。
なぜ我々は、こんな何かに追われるような生活を好き好んでしているのだろうか、なぜこんなにも人々の生活に余裕がないのだろうか…豊かな生活とは何か、改めて問い直すべきタイミングでもあるのでしょうね。
落合さんをベンチマークしておくってことは、僕にとっては視座を高めてくれるという効用がもっとも大きい。
この連載について
2019年の4月30日をもって、平成という一つの時代が終わる。この30年で日本は、どのように変わったのか。 本企画では各ジャンルの有識者が「平成という時代」を自らの仕事、人生とリンクさせながら語るとともに、「平成の次の時代(ポスト平成)」についての思いを語る。