新着Pick
283Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはとにかく百聞は一見にしかず、みなさんが、サンフランシスコに旅行や出張に行かれる際には是非試してもらいたいハンバーガー店です。

取材中に隣の席に座っているサンフランシスコ在住の二人組に話を聞きました。
この二人も、味、ボリューム、デザインやサービスについて熱心に語り合っていたんです。

彼らによると、①バーガーの見た目はNG(二つのバンズが分かれてトレイに乗ってきて野菜がはみ出ているのが理由。細かい・・・)
②味は普通よりちょっと良い(というのはサンフランシスコには名だたるバーガーショップがひしめいていて、そこと比べると簡単に5星などあげられないよ、と)③価格はファンタスティック(やはりランチに10ドルちょっと、という相場のなかでこの価格は最高だとのことです)

私は作りたての感じに加え、味も、パテも美味しいと思いましたが、是非一度みなさんもテクノロジーの息吹を感じながら食べてみてください!
みなさんの大好きな、シリコンバレーアップデートの時間ですよ〜(笑)

今回のロボットバーガー、その名前から受ける印象で侮るなかれ。Creatorsの創業者は米国のハンバーガーチェーン経営の一族に生まれ「バーガー皇子」ながら、エンジニアリングに目覚めて、重労働であるバティを焼いたりする作業を、全自動ロボットにやらせるというアイディアに至ります。

技術陣にはテスラやアップル出身のエンジニアを迎えており、さらにGoogle Venturesからも投資を受けている。つまり厨房を無人化させる技術として、将来有望であるとみられている証左です。

でも!やっぱり美味しくなければ意味がない。そこでシリコンバレー支局の洪さんが、その「舌」と五感で、ロボットバーガーに体当たり取材。マクドナルドの看板メニュー、BIG MACと比較しながら、その真の実力を解き明かします!
今は減価償却費高い事が多いですが、一般化してリース金額も下がってくると、「食材35%+人件費25%=FL60%」が当たり前と言われるのが、「食材50%+人件費10%=FL60%」といった状態が当たり前になるんだろうなと感じています。
科学的に根拠があるのかどうか、専門家ではないのでわかりませんが、人の手で作った料理ってなんか美味しいですよね。
味覚が反応するのは物質的な成分だけなのかもしれませんが、それ以外の感覚も食べる時には使われている気がします。
もしそうだとすると、食べねばならぬ食事はロボットでより生産的になり、楽しむ食事は人間でより手間暇かけて作る、みたいに二分化していくかもしれませんね。
見た目が悪いと言う話もありますが、既に見た目が良い存在している食べ物を人間と競ってロボットに作らせるのではなく、美味しくって、早く調理できて、中毒性のあり、ロボットが作れる、見た目に関係のない食べ物をAIが考えてもらう方が良いように思います。見たことも聞いたこともない食べ物なんて誰も買わないと言う意見もあると思いますが、何でもRatingの時代ですから、ネットでバズれば人気が出ると思いますよ。
人件費高騰によってこういう世界はあたりまえになるはずです
ロボットというか、自動生産プロセスという感じ。ディスプレイ的な意味もあるだろうからカッコイイが、生産自動化に関わる人が見たら「もっと早くできる!」と思う点が色々ありそう(コンベアとかオシャレ感あるが、椿本の使った方が早そうとか笑)。
そしてマックとの対決。個人的にはマックの時間がかかることが一番驚きだった…あれはアメリカだと普通の時間!?
ロボットバーガーが作ったか人が作ったかは関係ないと思います。人間は自分が食べるものにストーリーがあると喜ぶのです。
話題のロボットが作ったというバーガーも食べてみたいですし、30年作り続けている職人さんのバーガーも食べてみたいと思います。
問題はリピートさせらるかです。
今回のロボットが作ったバーガーは味だけでなくデザインが素敵だったことがリピーターを増やし話題になったのだと思います。
私も一度行ってみたいです。何度も行くかはわかりませんが。
味はある一定以上であれば後はその空間を楽しめるかどうかですね。
うちはFive Guys に週1回は行きますねぇ ムスメたちはJr バーガー肉のみ(^_^;) が好きです 作業見てると自動化十分出来そうですねぇ 

http://www.fiveguys.com/
手づくりバーガーならぬ、ロボづくりバーガー。生産プロセスが全自動になればスピード調理できる。

心のこもったロボづくりバーガーっていうのは、キャッチーだな。

サンフランシスコに行った時には利用してみよう。
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。