新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IKEAは、非常に商圏が広く来店頻度が低く、行ったときは新生活や引っ越しの準備のためにワンストップショッピングで大量の買物をするお店。(もちろんウィンドウショッピングを楽しんだりレストランでの飲食を楽しんだりと時間消費をしに行く側面もありますが、そちらで売上が立っているというより、マインドシェアを保つための方策かと。)これはamazonの逆で、amazonは送料無料が故に、ちょこちょこ必要なものを買い足せるので、引っ越し時における買物の仕方を大きく変えてしまっている。多くの人が、引っ越し時に多くのものをいっぺんに買わなければいけないストレスを体感したことがあるだろうが、amazonによってこれがなくなっている。また、商品全部を見てもらうためのワンウェイコントロールも、ECになれてしまった顧客にとっては大きなストレスで、ECサイトでナビゲーションや戻るボタンがないようなものだ。多頻度来店少額購買の小型店を増やすとのことだが、大型店の小型フォーマット化は簡単ではなく、WalmartやTargetも苦労している。ちなみに日本のIKEAの直近決算は赤字のようです。
https://newspicks.com/news/2985727/
イケア×デジタルで何に取り組んでいくのか。この記事には「デジタル能力」のために2年で1万1500人を採用するとしか書かれていないので、過去記事を見てみると、普通にECを強化していくとのこと。また、ARで家具配置がみられるアプリなどを展開していくとのことで、島忠のシマホとかと同じ感じですかね

https://newspicks.com/news/3280352

家具業界はデジタルへの取り組みに腰が重かったですが、ニトリさんもO2O推進室を立ち上げ、来店+通販を推進してきていますね
http://www.tsuhanshinbun.com/archive/2018/10/hdo2o.html
また、機械学習を活用して広告の入札を自動化し、来店客を3割も増やすなど面白い動きもあり、デジタルでの競争が本格化していきそうです
https://markezine.jp/article/detail/29572
小型店舗の出店加速や出遅れたネット通販への対応強化の方針は、今年1月の時点でニュースになっていました。
https://newspicks.com/news/2781787/

小型店舗はミートボールは無いし、当日持ち帰りはできず後日配送のみということで、従来のイケアからするとチャレンジです。ネット通販は当時は展開国の半分でしか実施できておらず急務だったと言えます。

取り組み始めたが全く勢いが足りないのでここで本格的に舵切りをした、ということに見えます。
買うものもなく、暇つぶし程度にぶらつくには楽しいお店なのですが、買いたいものが決まっている、探しているものがある、という時はイライラする店の作りです(笑

ECが普及しているとは言い難い当地でも、去年あたりから(IKEAに限らず)積極的にネット通販を押しているのは、こういう背景も関係しているのでしょうね。

個人的には、IKEAの家具は重量があり過ぎて、今以上には買う気になれません。
インテリア・アクセサリーや台所用品は安くて洒落たものが多いので重宝していますが。
IKEA、フィリピンで2020年に世界最大店舗をオープン予定。私が初めてイケアに行ったのは、日本進出前に、マレーシアのバンダールウタマ店にいったときです。当時、イケアについて知らず、マレーシアに引っ越したばかりのときに、マレーシアに住んでいた大学の先輩から「手ごろな家具の店があるからつれていくよ。」と言われて一緒に行きました。2000年ごろの話しです。
タイやインドネシアなどのASEANでも、店舗は大人気だがECは無いので、現地の人にとっては朗報。
イケアとしても、店舗でのユーザー体験によるブランドイメージの定着はある程度やりきったと見ているんでしょうし、そこまである意味「我慢」したのは立派だと思います。
正しい戦略
IKEAほどの企業でもデジタルに乗り遅れることがあるのだなという驚きとともに、やると決めたらその方向転換できる実行力がすごいですね。日本の家具大手の某社もここまで大胆に戦略転換できていれば、今とは違った状況であったかもしれないですね。
イケアが2020年までに事務職を中心に世界で7500人を削減すると発表。事務職を中心とした配置転換、リストラが様々な業種で発表されるようになってきている。
トイザらスにならないための対応。
イケア(IKEA International Group)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に出店している世界最大の家具量販店。世界的にブランドが浸透している。家具にはそれぞれスウェーデン語の名前がついている事が特徴。郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開している。ロシア進出の際にはドキュメンタリー映画が撮影された。 ウィキペディア