新着Pick
954Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
堅実な調査、記事のクオリティ(ITmedia)も高く、面白いですね。記事によると、サイバーエージェントでは
・最低年棒は450万円。
・新入社員によっては年棒で100万~200万円の差がついている場合も
とのこと。

大学時代に学んだことが新卒時点で評価されることは

(1)海外との人材獲得競争の観点で必須
(2)大学時代に専門性を高めた人材への強いインセンティブ

になるので応援です!
(こういった流れが、日経のトラディショナルな企業にまで波及して、若くて才能のある人にチャンスが回る世界、待ちきれませんね!)
正しいと思います。アサインされるジョブサイズと責任の大きさ(+マーケットバリュー)で全ての給与は決まるべき、という考えに立つのであれば、それは新卒だろうと中途だろうと関係無いですよね。もちろん新卒に与える仕事はそれが全員同じ・一律だ、というのであればそれでもいいんでしょうけど、高度な学術的専門性を以って採用したのであればそれは考えにくい。

新卒=戦力にならない、と一律で考えるからおかしくなっている。あとは年功序列の給与制度とか変な公平感とか。もうそういう時代じゃないんでしょうね。
もっと高いオファーを受けている子も身近にいます。
目がまんまるになります。

こうなると、博士課程に進んだなかで優秀な人が受けられる学振の特別研究員制度(月20万円)が霞んでしまい、博士課程にすすむ魅力が大幅に下がってしまうのではないかと危惧しています。

お金じゃないだろう、というご意見もあろうかと承知していますが、お金はある意味分かりやすい能力評価でもあります。
年齢・職歴の長さに関係なくパフォーマンスが出る仕事(業界・会社・職種などの複合要因が作用)とそうでない仕事がある気がしますので、全部の会社がマネするのは難しそうですし、その必要もないでしょう。

何年目までは同期入社で給与差がほぼ出ない会社もある一方で、1年目終わりの昇給額からかなり差がある会社までグラデーションがあると思います。事業特性やビジネスシステムの成熟度、人材ポリシーなどによって各社にとって合理的に決まるものだと思うので、どっちが良い悪いの議論ではありません。

ただ、若い人が活躍できてパフォーマンスに差が出やすく、優秀な才能の獲得が重要な会社であれば、この記事のような一律初任給からの脱却は当然検討すべきトピックだと思います。
エンジニア職は、能力を可視化しやすいという点で新卒からでも能力給を導入している、というお話でした。

併せて、それぞれの企業の平均年齢にも注目してみると、いずれも30代前半でした。社員のボリュームゾーンが若手中心になっていることもあって、一律初任給からシフトしやすかった背景の一つと言えますね。
 
「優秀な人材の獲得」という点で考えてみると、サッカーを例にすると部活等に青春を注いで、高卒でプロになって二十歳ですでに海外クラブで活躍、さらには日本代表にもなって注目をされる選手もいます。
 
記事にあったメルカリのように「Be Professional」を掲げている企業にとっては、よりフェアにした結果なのかなと思います。
初任給という言葉もいずれ無くなるのではないかと思う。学生時代からバイトやインターンで実地の経験を積んでいる人といる中で、一律なのが変だった。実際に一緒に働いてみないと分からないという部分はあると思うが、ソフトウェアエンジニアならば、成果物であるプログラムのソースコードを見たり、実際にアルゴリズムやデータ構造などの質問をすると実力はある程度は分かる。勉強している学生とそうで無い学生の差はあるのだから、これが正しい姿と思う。
堀江さんの言う通り今更感はありますね。ポテンシャル採用ではなく、専門性採用をしていれば、それは一律初任給になるわけがない。中途の人よりできる新卒もチラホラいるわけで。
このことを大手が大々的に新卒採用の目玉として出していると、ちょっと微妙な気持ちになります。

ただ、人事の皆さんの立場に立つと、先に入社した既存社員との不公平感をどうするのかという点は本当に悩ましいと思います。内定者インターン期間などに実際のパフォーマンスを見て評価しないと本当は厳しいなぁと思ったりします。でも、ジョブオファーは内定承諾前に出すわけだから、どのタイミングでどうスキル・パフォーマンスを見るかはまだ課題あると思います。
今更感笑
右肩上がりの賃金カーブが描けない
現在の世の中では当たり前の事だと思います。

自分の成長戦略は自分で描く。
そして、実行する!

生き方にもマーケティング志向、
経営的志向が必要になってきました。

ちなみに、弊社ディグラム・ラボは自己診断ツール及び、
自分が置かれている環境を客観的にミエル化する
プログラムを年末ローンチに向け開発しています。
即戦力だけではなくポテンシャルをどう評価するか?

中途採用は、経験や実績などで評価しやすいですが、学生の場合それは難しい。インターンの有効活用ですかね。

学生にとっては、早い時期から自分のマーケットバリューを考えるいい機会になります。

この際一括採用も止めてみてはどうでしょうか。
株式会社サイバーエージェント(英称:CyberAgent, Inc.)は、Ameba(アメーバブログ)関連事業とインターネット広告事業を主とする企業である。本社は東京都渋谷区に所在。 ウィキペディア
時価総額
6,144 億円

業績

合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア