新着Pick
874Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
何年間ぐらい持ち家に住めば、支払う購入費を毎月の家賃と同様、あるいは割安になるかと考えたつもりだったのですが、先の将来がはっきりと見える訳なく、家族の構成、自分の収入、住み具合、維持費など想定外のことが起こったということが現実でした。

でも、将来は常に想定外が起こりますので、ひとつの正しい答えがある訳ないので、持ち家か賃貸かとは自分の生活感に満足度があるかという尺度でよろしいのではないでしょうか。

若い読者にお薦めしたいことは、現在は賃貸でそのままずっと賃貸でも良いと今思っていても、将来になると気持ちが変わるかもしれない。その時の自分自身の判断の自由度を高めるために、資金を毎月少しずつ積み立てることはなるべく早く始めることです。

時間は自分の大切な財産です。そして、その財産は必ず、毎日減ります。だったら、その財産がたっぷりとある時から使った方が良い。過ぎてしまった時間は、いくらお金を出しても買い戻すことができないですから。「つみたて投資」を今、始めましょう!
「いろんなところから「マンション投資をしましょう」と誘いがきます。」

職場の電話番号が公開されているのでものすごくきます。
でも、最近減ったのはお金をもってない、と理解してもらえたからでしょうか。
合理的意思決定をしそうな投資家さんが、これでもかというくらい人間臭い内容で好感が持てました。若い頃は何も考えていなかったが結婚して家がほしくなったとか、若い頃貯蓄してれば良かったとか、果ては家賃が投資家の懐に入っていると考えると嫌とか、全然合理的じゃない 笑
でも、これが大切なことで、感情がある人間としてそれぞれが意思決定をしていて、それがさも合理的であるかのような理由を後付けでつけているだけ、というのも一面の真実
個人的には最近、賃貸の一軒家に引っ越しましたが、大家さんは都内でマンション暮らしをされているようで、子供が大きくなって動いたんだろうな、と想像しますしこの家賃が定常的に入ればいい収入だろうな、と思いますが、それで何か思うことはありません
学校が近くなり落ち着いた環境でとても満足しております。賃貸を色々見ると目が肥えて、いざ自分で買うとなった時に活きそうだな、とは思います
ベイエリアに住んでいた時に強烈に違和感を覚えたのが家賃の価格設定です。賃貸の期間が伸びれば伸びるほど、家賃は安くなりそうなものなのに、より高い家賃が提示されました。「1年先はより家賃が上がるから」というロジックなんだそうです。インフレっていうのはそういうことなんですね。
住みたい場所に住みたい時に住宅ローンを全力限度まで借りて、住めばいい。人は一気に老いるから、若い時ほど欲しいものを我慢せず、買いまくる、金は借りまくる。時間を買おう。車もそうだね。
賃貸派の自分にとって、かなり新しい視点を投げ掛けて頂いており、「こういう見方もあるのか」と勉強になりました。

一方で、ハイパーインフレを持ち出されている点は個人的に興ざめで、世界の歴史を見ても、万が一ハイパーインフレになっても対処方法が確認されている中で、こんなありえない例よりもっと他の例があったのでは、という点は残念でなりません。

また、オリンピック需要の終焉、働き方改革による収入減、緊縮増税でまたデフレ化に逆戻りした場合、資産価値が下がる点はリスクとして無視していいのか、という点は、一度ご意見を伺ってみたいな、と思いました。
資産残して意味あるんですかね?全部使い切った方が良くないですか?
やっぱり、そもそも持ち家か賃貸か、という問いの立て方自体が時代にそぐわなくなっているんだなと思いました。
僕は持ち家は人に貸し、自分は賃貸する派です。現状は。
この記事の中には語られていませんが、ローンを組んで物件を購入する際には団体信用保険という保険に入る事を求められており、これは生命保険の代わりになったりもします。
ただし、保険料はそれなりに高いですし、そもそも物件で良いのがないと元も子もないですが。
家族の話が出ている点は、子育て世代としては気になるポイント。
学校の近さは、個人的には結構重要だと思うポイント。小学校から電車に乗っていたり、中学校でも1時間とか通学にかかっているのは、「将来への時間投資」という観点で、できれば自分の子供は避けたいなぁと思うところ。親事由と子供事由のモビリティの重要性も考えたい軸。
あとちなみに不動産を買った場合はローンと併せて保険に入らないといけないことがほとんど。その意味では、不動産を買うことは一定のインフレヘッジと、家計の保険的機能はある。

『──賃貸住宅は、自由に動けるメリットもあります。
ただ、例えば、結婚して子どもができて、学校へ通い始めると、全然違う地域に引っ越すのは、余程のことがない限りできないと思います。
そう考えると、賃貸住宅は本当にどれくらいモビリティ(流動性)があるのかということにもなります。』
持ち家(分譲)売って当面は賃貸にすることにしました。渋澤さんとは逆パターンというか、子どもできてみて、家の広さが足りないとか、この自治体は保育園入りにくそうとか考えると…買い替えは難しかったですね、都心では。通勤その他の利便性捨ててまで郊外の家を買う気にもなれず。

ちなみに、持ち家でも分譲だと管理会社への委託費(これを切ろうとすると共用部分の点検保守整備の計画や手配、各種法定点検の対応、駐輪場駐車場の管理、予算決算管理その他諸々全部管理組合に降ってくる)だったり、定期的に回ってくる組合理事の仕事だったり、手間やコストはあるし、不動産価値は上がることもあれば下がることもあるわけで、このリスクと面倒を負ってくれる家主にお金がいくのをネガティブに見る必要はないかな、と思います。
この連載について
不動産【家】の購入は、「人生最大の買い物」と言われる。しかし、国内の大都市では、投資マネーも入り、マンション・住宅価格は高騰している。この不動産市場の好況は、一体どこまで続くのか。