新着Pick
310Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度も書いてることですが、これからは大局を見て、対極を繋げられる人、分断を繋げられる人が活躍できる機会が増えると思っています。

SNSの登場以降、個人が際立つようになればなるほど違いを感じる機会が増えたり、同質性を持つ繋がり・コミュニティが生まれています。

それによって生まれた壁や谷に、階段や橋をかけられるかどうか。自分が全てを繋げるのは不可能ですが、繋がりを意識し、そういう場をつくれる個人でありたいし、そこを意識したいことだったりします。
他者や社会に対する寛容さはどこから生まれるかというと「何があっても大丈夫」という安心感からではないかと思います。
将来が不安になればなるほど寛容さが失われるのは、沈みゆくタイタニック号で我先に救命ボートに乗ろうとする様であり、逆にそういう人々を見て「あさましい」と見下す心でもあると思います。
「平和ボケ」という言葉が批判的、自虐的に使われることも多いですが、私はむしろ社会全体としては平和ボケしていた方が財布の紐も緩み、新しいことにも寛容になれるのではないかと思います。南国の暮らしがフルーツと海産物で溢れ、食に対する不安が少ないが故にせかせかせず、常夏だから常に薄着でいるように。
小説を読んで、他者への想像力を身につけることには共感します。また、相手をわかる上でも、しっかり議論したい。
==================
僕は、ネトウヨと呼ばれる人などを、いちいち排除するより、「もう格好悪いからやめた方がいいし、人間誰でも黒歴史はあるから、もう忘れて違うことやろう」といった言い方をしています。それはそれでまた反発されるのでしょうが。
そうしないと、極端な対立になってしまいます。
──対立を避けながら声を上げるのは、難しそうだと感じてしまいます。
日本は討論などにあまりなじみがないので、議論すべきところを飛んで、対立になってしまうんでしょうね。特にネット上は、対立になってしまう傾向があります。
"差別をするのは、自分は表面でしか人を判断できない、と言っているようなものなんですね。"
そうです。相手の表面に見えていることだけでなく内面を想像するのはとても難しい概念だと思います。教えるのも難しいが、本だと人の考えていることを追体験できるのでおススメです
非常に共感します。他者との反転可能性を念頭において「自分がやられて嫌なことは他人にもやらない」という一般道徳を考えられるか、ヒトが集団を構成して文化的に生きていくための基本的ルールに従えるかという話なんだと思うんですよね。
この作品一度読みたいなぁ…「好きだから批判する」、わたしは中国や日本を批判するのも両国が大好きだからね…
心には虚偽性やウソが含め、外観には美に執着過ぎ…「表裏がある」でけじゃなく、差が大きすぎ。保守的価値観や性に関する考え方など、確かに変ですよ、日本は。
ヘイト本がジャンク政治というのは言い得て妙。それらに流されるな、と。
やっぱり自分と違う相手のことをどこまで想像力を働かせられるかは大事ですよね。
「好きだからこそ、僕は日本を批判する」

全く一緒です!
この方の考えに共感します。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。