新着Pick
646Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
もともと新しいプロダクトで市場を作ることを目指していたスタートアップが創業数年で「シェア」という形で普及を目指す戦略に打って出る。成長戦略におけるピボットと捉えた方が良いのか、垂直統合を超えた新たな世代ならではの戦略なのか、いずれにしてもこれだけの技術力と資本力を獲得した数少ないグローバル系スタートアップとして、成功して欲しい。
これは結構胸熱な内容ではなかろうか。今までの同社のイメージ、自己定義を大きく拡張し、アーバンモビリティ革命、ライトモビリティブーム、MaaSブームという、今モビリティ周りで最もアツい、本丸領域に一気に参入してきた、それを国内では百戦錬磨のSBIがバックする、と。
見ものですね。
大きく量産し、大きく展開し、世界ブランドとしての実績と広がりを作りに行く信念を感じる調達ですね。杉江さん率いるWHILLの挑戦にはいつも刺激をもらいます。年明けのCESでの反応も楽しみですね。
パーソナルモビリティの未来のiphoneになれるか?
素晴らしい!
こういう会社がどんどん出てくれば景色が変わる。
ついでに言うと日本の道や施設はホイールチェアの敵である段差、坂道が多すぎ。成田空港の駐車場でホイールチェア・バスケットの日本代表選手がスーツケースを押しながら坂を登るのに苦労されていて、お手伝いしたことがあります。あれだけ鍛えたアスリートですら、ちょっとした坂で一苦労なのです。
Good luck! 空港みたいに長距離を歩かないといけない場合は健常者、高齢者もユーザに入りそう。
実物の近未来さ、すごいです。乗っているのがかっこいい。そんな光景を間近にしてくれたと思う。どんどん成長していただきたい!
アメリカ国内で飛行機から降りると、沢山の車椅子のお出迎えを見ます。
これを代替するということですね
今回は50億円とかなり大きな資金調達。高齢者が増える今後、利用者もどんどん増えていくでしょうし、まだまだ大きくなっていくだろうと思います。
パーソナルモビリティの収束点への道は3通り.自動車会社が現在のガソリン車の置き換えとして開発しているEVに自動化・自律化が加わり,それがダウンサイジングしていく道が1つめ.この記事のような小型のロボット(もちろん,電動かつ自動化・自律化)がアップサイジングしていく道が2つめ.この二つが交わる点を見極めて,直接そこを狙う道が3つめ.
SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
6,082 億円

業績