新着Pick
10Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
①のモバイルトラヒックのデータ(2018年3月)と比較してみたい。
以下Mがモバイル、Bがブロードバンド。

【YoY成長率】Mの成長が大きいが、BもDLは意外に成長
ダウンロード:M+41%、B+29.7%
アップロード:M+35%、B+14.3%

【アップロード構成比】外でのSNS投稿がMが大きいのが背景?
M13%、B12%

【DLトラヒック絶対量】依然主流はB。B契約は企業のDC関連もあるのが多そう、個人でも重いものはMは避けがち
M112PB、B3900PB

ちなみに360さんが触れられているCiscoの調査は②、かなり有名なもの。
こちらは2021年には全世界で年間3.3ZB(2016年1.2ZB)、月間278EB(同96EB)と想定。
単位をおさらいすると、T<P<Eで1000倍ずつ増加。今の日本の月間約4000PB=4EB。2016年から2年ほど経っていること含めて、日本が世界に占める比率は5%未満だろう。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/data/gt010602.pdf
http://bit.ly/2nD0C0F
まだKato Junさんのご解説しか読んでいませんが、MとBのトラヒックの何割がウェブページの「太り」によるものだろうか、が気になります。

一般的なウェブページ容量が毎年16%くらい「太っている」ので、ユーザ数が増えなくてもトラヒックが増えるのは予想できます。