新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近話題のアルツハイマー薬の第二相臨床試験の結果が発表されています。いま手元ではプレスリリースを見ることしかできていませんが、先日発表のあったヘッドラインに関する情報から大きく踏み込んだ内容ではないように感じます。
https://www.eisai.co.jp/news/2018/pdf/news201866pdf.pdf
高容量投与群で30%の進行抑制というのが具体的にどの程度患者にとってのメリットなのか、なかなか図りかねます。この部分がAD薬の開発の難しさでもあり、またアンメットメディカルニーズの大きさも示しています。初期患者だけではなく、中期患者への治療効果など幅広い試験が必要に思いましたが、第三相臨床試験を続ける意義はあると感じます。
ちなみにエーザイの株価は、このコメント時点で売り気配。提携先のバイオジェンの株価は通常時間は約+3%上昇しておえましたが、アフターマーケットでは▲11%程度下落しています。
7月6日のエーザイの発表では、患者の脳に蓄積したアミロイドβを「減らす」というものでした。

そのため症状を「改善する」ことが期待されたわけですが、実際には症状の「進行を遅らせる」という既存の薬と同じ効果しか示すことができませんでした。

今後は既存の薬とどちらが優れて進行を遅らせることができるのかという比較試験に移るわけですが、アルツハイマー病の「根治」にはまだ時間がかかりそうですね。
エーザイとBiogenが共同で開発しているアルツハイマー薬。本報道を受け、アフターマーケットでBiogenは-10%超の下落となっている。

7月頭に、臨床試験での画期的な結果が発表された。それを受けて、1か月弱で株価はエーザイ約44%、Biogen約28%(今起こっているアフターマーケットでの下落前)、上がってきた。
https://newspicks.com/news/3153409
今回発表されたのは第2相試験ということです。この第2相試験は、健康な方に投与してみて有害性がないかを確認する第1相試験のあとに行われ、少数の(多くの場合軽症の)患者さんを相手に投与量を調整してどの程度の量で効果を発揮する可能性があるか、害が出る可能性があるかなどを確認するために行われる試験です。

記事にもありますが、ここで示される結果はいずれの結果になったとしても、偶然の産物である可能性があります。すなわち、この結果を実際の現場に当てはめることはまだできません。有効性の議論をするためには、より多くの患者さんに対して投与を行い、偽薬などと比較して効果があるかを統計学的に証明する第3相試験を行う必要があります。株の動きまではコントロールはできませんが、医師としてはまだ何かを語るには時期尚早と言えます。
ヘルスケアは長い目で見ないとですね。