新着Pick
238Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分はアートの良さをあまり理解できてないのだが、興味を持っている方に話を聞いた時に言われたのが「アートは、芸術家が言葉では表現しきれない思いを表現したもの。自分に同じような言葉では表現しきれない思いがあったときに、それを代わりに表現してくれていることが価値」とのこと。

落札者に経営者が入ってきているのも偶然ではないと思う。
成功するまでに多くの苦労があっただろうし、それを乗り越えるには感情・思いが強くないことにはできないと思う。そういった感情・思いの力がそもそも強いからこそ、言葉ではできない感情も元々多く持っているのではないかと思うし、それが表現されているアートというものにも興味を持つことが多いのだと思う。
アートは仕事の一部でもありますが、さまざまな職種の外国人が出席するパーティーだと「今MOMAでやってるXXがすごい」とか、「TateのXX、いやヴィクトリアのXXを逃しちゃいけない」などと、まるでレストランのようにアートが語られます。オークションも最近は話題にのぼることが増えていて、でも実態がよくわからない。そんななか、この記事はとても面白く拝読しました。

原田マハさんの『楽園のカンヴァス』もオークションと作品を保持することの意味を物語にしていました。ここに出てくるサザビーズ寺瀬さんの話も興味深いですね。ZOZOの前澤さんがバスキアの肖像画を約123億円で落札した際の代理人だったとは。

日本の作品が注目される理由もさながら、日本人ならではの目利きで、この世界をじわじわリードしてもらえるといい。アートビジネス、熱くなりますね。
クレバーな中にもユーモアある語り口が印象的だった寺瀬さん。オークションビジネスの最新事情について語っていただきました。
末尾にある以下部分が本質を捉えている様な気がします。
だからまたブームになっているのかと。

=====
そして、美術が好きというのは、世界のビジネスパーソンとの共通言語になります。
社会人になって初対面の人と話すときは、どうしてもお互いの仕事の話をしがちですが、アートという共通言語があると、仕事を離れて同じ土俵ですっと会話をすることができる。
面白いですね!アートは基本的に希少性のあるものなので、過去の価格や類似の取引の情報が広く流通しても、「売り手、買い手の固有名詞」「売り手、買い手の心理状態」をつかみ、さらにアートのコンテクストをうまく作れるオークションハウスは優位性を持つ、ということですね。さらに言うと、真贋の保証、という強みも圧倒的!
"離婚裁判や相続裁判をしているコレクターは、
コレクションを売りに出す可能性が高い。"
仕事熱心さから生まれる生きた言葉ですね。
もっとアートを日常化するポテンシャルがあるってことなんでしょうねー。まだまだありがたいものを観に行く感覚というか。

“日本人は世界的に見て、美術館訪問は好きなものの、美術を生活に取り入れている割合が低いと言われています”

利害とは離れたところで、知的に会話をするためにうってつけの話材でもありますよね!

“海外のビジネスパーソンは、アートを社交の場として使っている向きがあり、その観点からも日本人ももっとこの世界に入ってきてほしいと思います”
サザビーズは作品がいま誰の手元にあるか、ある程度とはいえ把握しているのですね。把握の目的は何であるにせよ、結果として価値ある作品が無為に散逸するのを防ぐ役割も担っていることになりますね。
おもしろかったです。

「美術品の価格は基本的に、国の経済力に比例します」というのは、まさにその通りで、美術史をひもとくとアートも政治経済と密接に関連していることがよくわかります。日本のアーティストはこれから相対的に厳しいくなるのかな。。
自分の軸を持って作品と向き合う、確かにビジネスに通じるものがありますね。普段関わりのない世界でしたが、興味が出てくるインタビュー。手は出ないですが笑
この連載について
昨今、アートやアートビジネスに対する関心が高まっているが、業界にはさまざまなプレーヤーが乱立しており、全体感を把握するのがなかなか難しい。本特集では、アートシーンを彩るプレーヤーを取材。アートビジネスの見取り図を描き、いま、ビジネスパーソンがアートを学ぶ意味を問い直す。

業績

株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績

Premiumを無料で体験
登録・ログイン