新着Pick
743Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ワンキャリアさんで記事を書かせていただきました。就活生~社会人若手の方向けの内容ですがご興味のある方はご覧いただけたら嬉しいです。

今回書きながら一番盛り上がったのは、後半で出てくるぞうさんといぬさんの絵をパワポのオブジェクトで可愛く作れた瞬間でして、某プロピッカーには「ものすごい才能」と絶賛され、彼からこんなにスライドをほめられたのはコンサルタント人生で初めてのことでした。笑

そんなことはどういでもいいのですが(笑)働き方改革戦国時代のこのご時世、あえて思うところをぶっこむというテーマで書いています。
でも、こういう風に言ってもらった方がかえって安心する学生さんもいるんじゃないかなと思います。実際に私もそういう学生でした。

NPでは、いろいろな職業の方から働き方について思うところをコメントいただけたらとても嬉しいです~^^
最近NPでも頑張ってコメントを書いている佐藤の記事です。
もやっとしていることを文章にする力は素晴らしいところ、、、 ですが、あの絵はあまり褒めてないはずなんだが(笑)
ほとんど、自分のことを描写されている感覚なので、全く違和感ないわけですが、普通の方々から見るとどんな風に見えるのかコメントが楽しみです。
こんな変わった集団ですが、興味ある学生の皆さんはエントリーくださいませ。こちらにあるサマージョブは、占部が直接採用を担当する予定です
“糖衣”でコーティングしてあるのだろうけれど、正しい記事だと思います。

戦略コンサルを目指すような頭の良い人は、糖衣の下まで分析的に読み込んで参考にされると良いと思います。

サマージョブの募集が出てましたが、こういう記事を出すコンサルなら、自分も応募してみたくなりました。(もちろん受からないだろうけど)
佐藤さん!先日、やっとお会いできたのに、なぜかタイミングが会わず、名刺交換しそびれてしまいました。残念!NPの画面上で見るよりも、ずっと素敵な方でした。

私もコンサルタントの経験はありますが、コンサルに限らず、プロフェッショナルの多くは「仕事とプライベート」の境はありませんね。私の父は建築家でしたが、家族旅行先も有名な建築家の建築を巡る旅で、気がつけばレストランのナプキンにアイデアスケッチ書いてました。また、私が広告代理店でプランナーをしているときは、夜飲みに行っても、家族で遊びに行っても、一人で波乗りしている時ですら、目にするもの耳にするものは全て仕事に結びつけて、いつもアイデアを練ってました。

これが、プロフェッショナルとレイバラーとの違いなんだと思います。まあ、今、「高度プロフェッショナル制度」(かつての「ホワイトカラー・エグゼンプション」)の議論で世の中が喧しいですが、これって、レイバラーの観点で制度化するというのがややこしいんだと思うんですよね〜。まあ、かつての同僚がこの件でTwitterで炎上しているので、深堀りはやめますがw
誤解を恐れずに言えば、『仕事とプライベートのオーバーラップ』はごく自然なことだと思っています。

個人的にはパソコンに向かって一生懸命考えている時間よりも、プライベートで何か非日常に触れている時や何も考えずにボーッとしている時の方がよっぽど良いアイディアが浮かんできます。

仕事とプライベートを完全に切り分けたいという人も多いのかもしれませんが、意外とパキッと切り分ける方がテクニックが必要そうです。
ロジカルの相対的価値が低下した現代では、ロジカルであることは前提としてロジカル以外の様々なパラメーターを踏まえた上でのコンサルをしてクライアント意思決定の一助とならないと、とてもじゃないけど商売にはならないのでしょう。

マズローの欲求レベルでいうところの自己実現いや他者実現の域に入っていないと、人生観というのをしっかりと考えるレベルにならないのかもしれません。

人生を考えた上で何に意義を持つのか。

その意義の内容に優劣はありませんが、その意義を持つことで時間で切り分けられないセルフマネジメントができるのではないでしょうか(そもそも医学の自律神経という切り口から考えれば、交感神経と副交感神経のバランスを自身でうまくコントロールできるよう日々の生活を送れば良いだけの話ですし、意義を感じてイキイキと仕事をすることはそうじゃない場合よりも相対的に副交感神経優位です)。

もちろん人間の皆が皆、そこまでの域に達せれるわけでもありませんので、佐藤さんの考え方には完全に同意しつつも、オフの時間を無理矢理にでも作ってくださいと言わざるを得ないのが私の仕事なのでなんともむず痒いところなのですが(笑)
理想は、働かされるのではなく、楽しく仕事にのめり込む「公私一体」だと思います。
おっ、佐藤さん!

全面的に同意見です。(コンサル13年目)

何がONで、何がOFFだかわかりません。
自分の考えを求められ、自分の価値を認識する。

コンサルタントは、そんな仕事の1つですね。個々人が、常に考えて、しっかりアウトプットを出す。

分担される作業は時間でコントロールできますが、考えることは時間でコントロールできません。

僕は、よくブレーンストーミングなんて無駄と言います。日頃よく考えていない人が、ミーティングルームに集まったって、大したアイディアが出ないからです。

問題意識と当事者意識があれば、常に頭の片隅で考えているはず。そして、ひらめいたこと、考えたことなどを持ち寄るから、生産性の高い仕事ができます。

コンサルタントでない人も、考えるという観点で参考になりますね。
Love the life you live, live the life you love.
ていう事ですよね、分かります。
株式会社コーポレイト・ディレクション(Corporate Directions, Inc.)は、1986年にボストン・コンサルティング・グループ在籍のコンサルタントにより設立された、日本国内初の独立系戦略コンサルティング会社である。 ウィキペディア