新着Pick
163Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
オリンピックやW杯は、国際的に孤立した政府が復権する好機になります。1930年代のベルリン・オリンピックもメディアを駆使したナチス政府が、それまでユダヤ人政策などで国際的に非難されていたにもかかわらず、華々しく注目を集めました。2008年の北京オリンピックも、1989年には天安門事件で孤立した中国政府が世界の主役に躍り出たかのような印象を、少なくとも中国国民には与えたでしょう。開催国に世界中の代表が集まり、世界から注目される様は、その国の政府が起こした人権侵害や軍事侵攻が全て許されたかのような印象を与えます。1980年のモスクワ・オリンピックこそ多くの国がボイコットしましたが、冷戦の最中だから起きた例外です。
 国際大会を機に大規模な公共事業でインフラを整備して経済成長の起爆剤にする、というような時代ではもはやありません。しかし、国際的な孤立から抜け出せるとなると、費用対効果の計算も異なってきます。この記事は、ロシア国営ガスプロム社の欧州サッカー界への影響を指摘している点で慧眼です。サッカーへの投資で大きな効果を得ている、という主張もプーチン政権の立場からはありえるでしょう。もっとも、赤字は赤字であり、個々の国民に得があるわけではありません。そもそも国際的孤立から抜け出したければ何の得にもならないジャーナリスト暗殺や諸外国への軍事侵攻をやめればいいことで、その方が費用対効果からいっても得です。スポーツの政治利用は、結局のところ国民と経済にとっては損です。
W杯ホスト国の開催費用の推移を見ると、その膨れ上がり方が異常である事がよく分かります。
健全な拡大のために、スポーツの価値の本質である「スポーツマンシップ」を改めて共有する必要性を感じました。
内田選手で有名なシャルケ、そこの胸スポンサーにガスプロムはついている。なんでロシアの企業が、とは今までも思っていたが特に調べたこともなく、本記事でスッキリ!
スポーツは感情を動かす。感情を動かすゆえに功罪あると、改めてスポーツとビジネスなどの歴史を振り返りながら感じる。
概論だけでファクトも断片的。正直記事のクオリティは煽り記事レベルと思いました。

ロシアの経済に与える影響に切り込むならそこでもっと深い分析が欲しい。
政府と経済の融合を批判するのは非常に表面的。
戦後日本の55年体制とそこからの日本の飛躍、そして近年の中国やシンガポールをとことん分析してからこの手の議論を繰り広げてください。
真実や合理性ではなく、記者の好き嫌いを報道しているのは一流とは言えません。

近年スポーツビジネスに絡む投資金額がどんどん増えているのは、そこから生まれる収入も増えているからです。
放映権の金額もどんどん上がっていますし、ライセンスなどの収入もかなり上がっています。
まずはそこの収入の部分もファクトを調べてみて欲しいですね。
グラウンドだけを見ていても分からないことがたくさんあるのですが、田邊雅之さんはグラウンド内外を横断的に書ける稀有な書き手。いろんな視点からワールドカップを見ると、より深く、興味深く見えてくると思います。そうした視点に興味のある人は、本稿で出てくる「億万長者サッカークラブ」がオススメです。
シャルケのスポンサーのガスプロムの話は、初めて知りました。そんな裏側があったとは、、、
この背景を知ると、開幕戦のロシアxサウジで、プーチンとサウジ皇太子が談笑していた姿が不気味に映ります。
ガスプロ厶の金の使い方はえぐい。
今回はメディアも一部招待していたようだ。
経費全額持ちで。
目的が何かは言うまでもない……
スポーツを国威発揚として利用するのはロシアに限らず古今東西、どこの国でも行われてきました。私達国民もそうした手に乗せられることなく、冷静にスポーツだけをエンターテイメントとして国や政治とは切り離して見れるようになることも大事なのでしょうね。
ロシアW杯とは何か、競技的側面ではなく、社会的な側面からその意味を知ることができました。欧州はクリミア問題やドーピング問題が生々しい記憶としてあり、ただ競技の側面だけでW杯を見ていない。イングランドが勝ち上がったときに、どんな報道が出るか。
NPらしい切り口の記事。こういうの待ってました。下記には特に驚きました。

「ガスプロムがシャルケのスポンサーに名乗り出たのは、このパイプラインの敷設許可を得るためのものだったというのが、識者の間で定説になっている。」

そのほか、記事に書かれていることを見るにつけ、ロシア代表が、初戦、あれだけ派手に勝てたことは、大統領にとってもとても喜ばしいことだったのだろうな…と感じます。
この連載について
6大会連続でW杯に出場するサッカー日本代表。本大会直前で監督交代劇が勃発するなど、この4年間、チームづくりは決してうまく進まなかった。日本代表は世界とどれくらい距離があるのか。「奇跡」を起こすにはどうすればいいのか。元代表選手や識者とともに掘り下げる。